透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q159]80代の父が透析治療をしています。 2日透析がないと顔のむくみが出て入退院を繰り返しています。 入院透析をすすめられていますが迷っています。


 

[回答]


● 入院透析をすすめられた理由で考えられること


入院と退院を繰り返すと言うことは、水分管理(制限)ができないか、 心臓の働きが弱っているか、その両者が重なっているか、と思われます。


いずれにしても、心不全を繰り返して入院・退院を繰り返すことは 心臓の働きをいっそう弱めてしまう危険がありますので、 できる限りこのような状態を避けたいわけです。


入院透析をお受けになると、水分管理が厳重になりますし、 心不全を生じてしまったときの対処も、ある程度迅速に できるようになります。


また、入院を受け入れる病院側にとっても、入院・退院を繰り返すことは 好ましいことではないと考えていらっしゃると思われます。


● 入院透析をする場合に考慮したい点


入院透析については、その地域によって受け入れの状況が異なると 思われます。

一般的には「老人病院」と呼ばれている病院で、入院透析をお受けになることに なりますが、透析施設をもたない老人病院が多くありますので、 お近くに透析のできる老人病院があるかどうかが問題となります。


現在透析をお受けになっている透析施設の主治医の先生や、看護スタッフに おたずねになってみてください。


● ご本人意思が尊重されることが大切


もちろん、入院にあたってはご本人の意思が尊重されなければなりません。

ご高齢の方の場合には、入院に抵抗感をお持ちの方も少なくないと思われます。


けれども、上に書いたように心臓の働きが弱くなってきていて、通院透析に 耐えられないようであれば、入院透析も選択肢としてはやむを得ないと考えます。

心不全はご本人が苦しいだけではなく、生命の危険でもあるのです。


ご本人、ご家族、透析スタッフとよくお話しされてください。


[回答日 2006/7/25]

タグ:

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持