透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q161]母が30年位糖尿病を患っています。骨折をした際に内臓の検査では腎臓の機能が低下しているとのこと。薬で治療を1週間したが良くならず透析治療をすすめられました。1週間で判断できるものですか?


 

[回答]


糖尿病を30年間くらい患っていらっしゃる、とのことですが、 骨折される前の腎機能はどの程度だったのでしょうか?


骨折前に、すでに腎臓の働きが悪くなってきていて、それが 骨折などを機に急に悪化したのであれば、1週間くらいの経過を見て 透析を始めることはありうることです。


糖尿病から腎臓が悪くなった場合、回復することがとても難しいため 入院前が軽度の腎機能低下であっても、入院中に腎臓の働きが 急激に悪くなってしまうと、透析を考えていくことがあるのです。


また、骨折の治療として手術をするのであれば、その手術を安全に行えるように ある程度早めに透析を始めることも、主治医の判断としてはあることだと おもいます。


お母様の場合は上記のどちらかであると推測されるのですが、 腎機能が急に悪くなってきたのか、あるいは、お母様の全身状態を 良好に保つため、早めの透析治療を考えているのかは 主治医の先生にお尋ねになってみてください。


いつも申し上げることですが、疑問に思ったら、 ご納得できるように説明をお願いしてみてください。


透析が始まると、多くの場合は生涯続ける必要があります。 ですから、ご本人はもちろんですが、ご家族も納得をされた上で 治療をお受けになることはとても大切なことなのです。


[回答日 2006/8/15]

関連記事

(質問のつづき) 透析選択外来で腹膜透析をすると決めたにもかかわらず、医者からはその後の計画などの話がまったく出てきません。この病院ではダメだと思いますので、他の病院に変えたくても医者の紹介状がないと出来ない状況です。どうすれば良いのでしょうか? [回答] ●腹膜透析を選んだ経緯からの推察 透析選択外来をお受けになったとのことですから、血液透析と腹膜透析の違いを理解された上で、腹膜透析を選ばれたの

(質問のつづき) また、母が一番気にしているのは食事での塩分制限です。現在でも塩分制限が厳しいと感じていますが、ますます厳しくなるものでしょうか? [回答] 腹膜透析はお嫌だということであれば、もし透析療法が必要になった場合は、血液透析ということになりますね。 ●塩分制限の必要性について 塩分制限の必要性は、オシッコの量が減ってしまうかどうかに大きく影響されます。 透析療法が始まっても、腎臓病は進

(質問のつづき) SMAP法ではカテーテル留置期間が長い方が良いのか、個人差で変わるのか教えてください。また、APDは座った状態で行っても問題はありませんか? [回答] ●カテーテルを留置する場合の問題と期間 腹膜透析のカテーテルを留置する場合、一番問題となるのは腹膜を貫通する部分からの液漏れです。 SMAPは、この腹膜貫通部を先に手術しておいて、腹膜透析を開始するタイミングで、カテーテルを体外に