透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q163]シャント側の血管が、最近、大きく蛇行しています。 肘の内側のリンパ節、上腕部のリンパ節等の腫れが見受けられますが、それも関係あるのでしょうか?


 

[回答]


血管が柔らかな方の場合には、シャント血管が発達をして、 蛇行することがよくあります。


ただ、血管の発達や蛇行がもとでリンパ節が腫れた、という方を みたことがありません。


また、リンパ節は腋の下には豊富にありますが、肘の内側や上腕部には 腫れるほどのリンパ節はないように思われます。


それで、まずは本当にリンパ節なのかどうかを 確認することが大切だと思います。


もっとも簡単なのは超音波で診ていただくことです。


また、これがリンパ節であったとすると、腋の下のリンパ節も腫れると 思われますが、そこも腫れているかも気になるところです。


次に確実にリンパ節だったとして、これが腫れる原因が シャント血管の発達のせいなのかどうかを見極めたいと考えます。


シャント血管は静脈で、リンパの流れと同様に、末梢から心臓へ向かって 流れていきます。


シャント血管が発達しすぎると、本来の末梢から心臓へ向かう 血液の流れがかえって滞ってしまい、そのためにリンパが腫れることは 理屈の上ではあるのかも知れません。


ただし、先ほども書きましたが、そのようなケースをみたことがありません。


一般的にリンパ節が腫れた場合には、バイ菌が入っていないかどうか (風邪の時などにのどのリンパが腫れますよね)や、リンパ腫という リンパ節の悪性腫瘍がないかどうかなどを考えます。


あまり大きなリンパの腫れの場合には、生検といって、 そのリンパ節を採って顕微鏡で見る検査が必要となることもあり得ます。


主治医の先生によく相談をしてみてください。


[回答日 2006/9/5]

タグ:

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持