透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q170]高血圧だった父が血液透析を始めて7年たちます。血液透析では早くに尿は出なくなってしまうと聞きました。

(質問のつづき)

父は今でも尿がよく出るようで透析後でも1回200ml位出るそうです。このようなことはありますか?

 

[回答]


●オシッコがでる方もいらっしゃいます


腎臓のはたらきが悪くなって、透析治療が必要な腎不全となってしまった場合、 治療方法として血液透析をお受けになっていると、オシッコの量が 減ってくることはご質問にあるとおりです。


いずれは、全くオシッコが出なくなってしまいます。


この、オシッコの量が減る、あるいはオシッコが出なくなるまでの期間ですが、 腎臓が悪くなったもとの病気によって、かなりの差があります。


糖尿病がもとで腎臓が悪くなった方の場合は、オシッコがかなり早い時期から 減ってしまいます。


反対に、嚢胞腎という病気や、お父様のように高血圧から腎臓が悪くなった方の 場合には、比較的長い間オシッコがきちんと出ることが多いのです。


それにしても、透析をはじめられて7年でオシッコの量がきちんと出ているというのは 素晴らしいことで、治療がうまくいっていること、 お父様の自己管理がしっかりされていることの証拠とも言えると思います。


●オシッコが出れば腎臓は悪くない?


さて、オシッコの量が確保されているのだから、腎臓の働きも悪くないのか、 と言えばそうではありません。


腎臓の働きのなかで一番大事なのはオシッコを作ることですが、 そのオシッコの中に体から出てくる老廃物(=尿毒素)を捨てなければいけません。


オシッコが出ていても、その中に尿毒素が捨てられずに、結果として血液の中に 尿毒素がたまってしまう状態が腎不全なのです。


おそらくお父様の場合も、オシッコはきちんと出ていても、 血液の中の尿毒素は減らないために(血液の検査で確かめることができます)、 透析治療が必要な状態なのだと思われます。


ですから、オシッコが出ているからといって血液透析を やめられるわけではないのです。


透析が必要な方の腎臓の働き(尿毒素をオシッコの中に捨てる能力)は、 正常の10%以下となっています。

透析をお受けになって7年が経過しているお父様の腎臓の働きは、 正常な腎機能の10%以下(おそらく3-5%程度)となっているものと 推測されます。


[回答日 2006/11/7]

タグ:

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持