透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q184]76歳の母は透析3年目になります。最近、冷や汗がでて低血圧、低血糖になり意識がなくなりましたが、水分を増やしすぐ回復しました。

(質問のつづき)

除水量が多かったかも知れないとの病院側の説明ですが納得できませんでした。ドライウエイトの根拠もわかりませんし納得もできていませんでした。誰にも聞けず困っています。教えていただけますか?

 

[回答]


● ドライウェイトの根拠について


まず、ドライウェイトの根拠ですが、これはさまざまな因子を総合して決めていきます。

血圧が高くないか、むくみがないか、透析中に血圧低下を来さないか、 レントゲン上心胸比が大きくないか、血液の検査のhANPやBNPという項目は 適切な値か、超音波検査上下大静脈という血管の径は適切か、などなどです。


もちろん自覚症状も大切で、透析が終わったあと、グッタリしてしまったり 寝込んでしまうようでは、ドライウェイトがきついのかも知れません。

ただ、自覚症状だけでは決められませんので、上のようなさまざまな 所見から、ドライウェイトを決めているのが現状です。


● 血圧が下がってしまったことについて


今回の血圧が下がってしまったことですが、もし除水の設定が誤っていたのが 原因であれば、つまり2kg除水すべきところを3kgの設定と なってしまったのであれば、血圧が下がってしまったことは説明がつくと思います。

もしそうだとすれば、きちんと除水設定をすれば、今後はこのようなことが ない、ということになります。


● 血糖や血圧が下がることが気になります


気になる点もあります。

除水設定を間違っても、血糖が下がることはありません。

お母様は糖尿病を合併されているのでしょうか?


また、その糖尿病の治療をお受けになっていらっしゃるのでしょうか?

もし、糖尿病がなかったり、治療をお受けになっていないのに 血糖が下がってしまったのであれば、これは心配です。


もし除水の設定が間違っていないのに、血圧が下がったのであれば、 血圧が下がってしまった原因をきちんと確認しておく必要があります。


今後の安全な透析のためにも血圧が下がる原因、血糖が下がる原因を きちんと突きとめておくのがよいと思います。

主治医の先生とよくお話し合いをされてみてはいかがでしょうか。


[回答日 2007/5/22]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持