透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q187]2週間くらい前から、舌の先がただれたような感じがします。透析後、ひどくなり、口の中もあれたように感じます。くちびるも乾燥してあれたようになり下唇も腫れたようになったりします。

(質問のつづき)

透析があくと、ましになりますが透析するとまたひどくなります。 病院では、原因がわからないといわれました。

 

[回答]


● 亜鉛やビタミンB群の欠乏


透析をお受けになっている方の中に、舌の違和感や、味の変化、 口の中がまずい感じ、味がわからなくなってしまった・・・等 口の中や舌に関する症状を訴える方が少なくありません。

原因がよくわからないこともあるのですが、 このような症状の原因が、亜鉛の欠乏やビタミンB群の欠乏であることが 時々あります。


● 難しい診断


亜鉛欠乏、ビタミンB群欠乏の診断は容易ではありません。

血液中の亜鉛や、ビタミンB群の測定は可能です(保険も適用されます)。

けれども、たとえ血液中の亜鉛が正常範囲にあっても、お体全体では 亜鉛が欠乏していることがあり得るのです。

これは、ビタミンB群についても同様です。

ですから、血液の検査を見ると、「正常範囲だから」ということで、 これらの栄養素の欠乏が見落とされてしまうことがあり得るのです。


● 診断的治療のすすめ


そこで、「診断的治療」と呼んでいますが、治療をして、つまり、亜鉛や ビタミンB群の補給を行って、効果があれば「欠乏症」であった、と 後から診断をつける方法がとられます。

幸いなことに、亜鉛もビタミンB群も比較的安全に摂ることが できますので、私はこの方法をお勧めしています。


ちなみに亜鉛は卵・肉類・魚介類に多く含まれており、リンの制限から これらの食品を制限されている透析患者様では、亜鉛が欠乏しやすいのです。


[回答日 2007/6/26]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい