透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q203]81歳の父は透析を始め2年。最近では歩く事もつらくなり杖を使い必要最低限しか歩きません。年中、頭痛がする、食事も水分があるものしか喉が通らないと訴えています。

(質問のつづき)

かなり症状が悪くなっているのでしょうか?

 

[回答]


ご高齢の方が透析をお受けになると、さまざまな症状が出やすいのは事実ですが、 すべての患者様に同じような症状が出るわけではなく、個人差が大きいのも また事実です。


●歩行について


まず歩行ですが、透析をお受けになると歩きにくくなるわけではありません。

むしろ足腰の力を衰えさせないために、積極的に運動をしていただくよう お願いをしています。

それでも、ご高齢の方は歩くことが困難となってしまうことがあります。

透析は、特にご高齢の方にとっては、疲れが出やすい治療です。

透析治療は週に3回が原則ですので、その透析があった日には 帰宅されてからお休みになってしまう、つまり外出をされない方を 多くお見受けします。そうなると、運動量が減ってしまって、ますます 歩くことが大変になってしまうという悪循環に陥ってしまうことがあるのです。


また、関節痛などの痛みはどうでしょうか?

痛みがあると、それだけでも歩くことがイヤになってしまって、その結果として 筋力低下の原因となることがあります。

痛みがあるようでしたら、整形外科など専門医を受診されて、その痛みに 対して治療をお受けになることも大切です。


●食事について


次に食事ですが、これもなかなか難しいです。

食欲が低下をしたり、あるいは食事の好みが変わってしまうことは 決してめずらしくありません。

しかし、透析治療では食事療法のウェイトが大きいですから、 好きなものだけを好きなだけ食べていただくわけにはいきません。


口当たりのいいもので、しかも「透析食」から大きく逸脱しない食事、 というのはあまりないのですが、特にこの夏場は食欲が低下しやすいですから、 まずは、栄養不足にならないことを優先して、食事を考えていただいて よいかと思います。


好みがありますから、一概には言いにくいのですが、食塩以外の香辛料 (コショウや唐辛子など)を使った料理は、水分増加を来しにくく 食欲を刺激してくれることがあります。


お父様にあった食事は、管理栄養士の方や主治医の先生と相談をしてみて ください。ご家族、特にお母様にあまりご負担とならないような工夫の仕方も 教えていただけるものと思います。


●頭痛について


頭痛に対しても注意をしてみて下さい。

透析を終わったあとで頭痛を訴える方がいらっしゃいますが その多くは一過性のもので、持続する頭痛は透析と関係のない 頭痛のことがあります。


すでに検査をお受けになっていらっしゃるのであれば問題はありませんが、 まだお受けになっていないのであれば、一度はCTスキャンをお受けになって おくことをお勧めします。


●ぜひ主治医の先生にご相談を


歩行困難・頭痛・食欲低下と症状が複数にわたっています。

メールのやりとりだけでは正確・詳細なお返事ができかねることをご了承下さい。

日ごろお父様のお体を診てくださっている主治医の先生とも よくコミュニケーションをおとりになっておくことが とても重要だと考えます。


[回答日 2007/12/6]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ