透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q212]最近シャント造影をした際、医師から、動脈にカルシウムが 付着して動脈硬化が進行していると言われました。

(質問のつづき)

前から言われていましたが、進行がかなり進んでいるとの 説明だったので、心配になってきました。

 

[回答]


●動脈の石灰化について


シャント造影をしたときに動脈の石灰化(カルシウムの沈着)が 認められることは、決して珍しいことではありません。

問題は「以前に比べて進行している」ということです。


透析をお受けになっている方の、異所性石灰化、 つまり、本来カルシウムが沈着しないところに沈着してしまう現象は、 血管、とりわけ動脈にもっともよく見られます。

動脈は全身にありますが、異所性石灰化がみられやすいのは 太い血管で、大動脈の石灰化の頻度が高いことが知られています。


シャント造影をしたときに、腕の動脈にも石灰化が認められる ことが多いのは、上に書いたとおりですが、 この場合、反対側、つまり、シャントのない側の動脈の石灰化は それほどでもないことがしばしばあります。

どうやら、「全身の合併症としての異所性石灰化」とは別に、 シャント血流の影響からくる石灰化もあるようなのです。


ですから、腕の動脈の石灰化をきちんと評価するためには 左右両方のレントゲンを撮って、比較することも大切なのです。


もし、シャント側の動脈の石灰化が進行していて、 反対側の動脈の石灰化がそれほどでもなければ、 「シャントの血流の影響が大きい」と判断します。


●対策について


異所性石灰化のもっとも大きな原因は、カルシウムとリンの異常です。

カルシウムとリンの値を掛け合わせた数値 (カルシウムリン積といいます)が、70を超えると異所性石灰化の 危険が大きくなる、カルシウムリン積は60以下に抑えるべきだ、 という話をお聞きになったことがあるかも知れません。


進行をなるべく食い止めることは大切です。

上に書きましたように、もっとも影響の大きいのが カルシウムとリンですので、血液の検査の結果を みながら、良好なコントロールになるように心がけてください。

これについては主治医の先生と、よく相談をしてみてください。


[回答日 2008/3/26]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい