透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q215]60歳の父は長い間、慢性腎不全と狭心症を患っております。心臓の担当医に人工透析になると心臓の発作がでた場合、手術は出来ないと断言されたのですが本当でしょうか?


 

[回答]


●狭心症とその対策について


狭心症は冠動脈という血管が細く(狭く)なってしまうために、 血液が通りにくくなり、心臓の筋肉に十分な酸素と栄養分が いかなくなってしまう病気です。


血管が狭くなるわけですから、治療としては狭くなった血管を 風船などで拡げるか、狭いところを手術でバイパスして血管を つなげるか、の二通りがあります。

もちろん、薬も使用されます。


風船で拡げる治療は、ステントという金属の網や、 ロータブレーターという高速で回転するドリルが開発されるなど、 治療成績や安全性が進歩しつつあります。


また手術療法(バイパス)も人工心肺を使わない方法が 広く行われるようになるなど、発展を遂げています。


●透析治療を受けている方について


透析をお受けになっている方の場合でも、上記の風船療法や バイパス手術が行えないということはありません。

当院で透析をお受けになっている患者さんでも、これらの 治療をお受けになり、元気に透析に通われている方も少なくありません。


腎臓が悪くない方と比べると、治療の成功率や手術の安全性が 悪くなってしまうのは、残念ながら事実です。

したがって、手術が必要となった場合に、その手術が 全く安全であるというわけにはいきません。

ですが、透析であるからという理由で手術ができないということは ありません。


もし手術が行えないのだとすると、それは風船を用いても 拡がらないとか、バイパスをしようとしても心臓が手術に 耐えられないとか、つなぐ血管がないといった、 透析以外の要因のことがほとんどなのです。


おそらくお父様の心臓の主治医の先生は、その様な 意味合いでのお話をされたのではないかと思われます。

もう一度、お確かめになってみることをおすすめいたします。


[回答日 2008/4/22]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい