透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q220]家内(63歳)は30年来の糖尿病患者。透析暦10年です。1ヶ月程前から左こめかみの辺りに頭痛があります。

(質問のつづき)

寝ていると治まるのですが、起き上がると猛烈に痛みます。 大学病院でMRI、CT検査を受けましたが、外科的には 問題ないということでした。

 

[回答]


●頭痛の原因を推察する


透析をお受けになっている方には、頭痛で悩まされる方が 少なくありません。

その中には奥様のように、原因がよくわからない頭痛も 多くあります。


MRI、CTで異常がなかったのですから、脳腫瘍や 脳血管障害といった、重大で命に関わるような 頭痛ではないということになりますね。


そうすると、「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」 「三叉神経痛」といった、CTなどに異常の出ない 頭痛を考えます。


これらは、いわゆる「習慣性頭痛(=頭痛持ちの方の頭痛)」の 原因となるものです。

しかし、寝ているとおさまるけれど、起き上がると猛烈に 痛む、という症状からは、上記のどれも当てはまりにくい 印象があります。


●頭痛への対処方法は?


命に関わらないとしても、痛みが強ければご本人は つらいですし、日常生活にも支障が出ますから この頭痛を何とか治したい、軽くしたいと思います。


まずは通常の鎮痛剤(痛み止め)で痛みを抑えることに なると思いますが、鎮痛剤は胃を荒らす副作用がありますから、 長く続けるのは避けたいお薬です。

そこで、副作用の少ないお薬で、頭痛に使用されるものを お試しになってみる方法はいかがでしょうか?

(もちろん主治医の先生に必ずご相談ください)


〔テルネリン・ミオナール〕

これは、緊張型頭痛に使用されるクスリです。

上に書きましたように、奥様の症状は緊張型頭痛には 当てはまらないと思いますが、このクスリが原因不明の 頭痛に効いた経験があります。

鎮痛剤よりも安全性は高いですから、試す価値は あるのではないかと思います。


〔呉茱萸湯(ごしゅゆとう)〕

漢方薬です。

頭痛を専門に診る先生方は、このお薬を 片頭痛に処方されますが、片頭痛以外の 頭痛にも効くことがあります。

漢方で安全性が高いですし、もちろん 保険もききます。


大学病院で検査をお受けになった、とのことですが、 大学病院や、お近くの病院にペインクリニック(麻酔科)が あれば、そこで相談をされることもお勧めします。

痛みを専門に診る科ですから、うまく治療を してもらえることがよくあります。


[回答日 2008/8/12]

タグ:

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい