透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q224]85歳の祖母が先生から透析治療をすすめられました。このまま放っておけば尿毒症になる事は分かっています。

(質問のつづき)

透析をすると苦痛で意識がなくなる事もあると言われましたが そのような事もあるのでしょうか?

 

[回答]


●90歳で通院透析をなさっている方も


お祖母様は85歳ということですが、私どものクリニックでは以前90歳で 通院透析をされている方もいらっしゃいました。

80歳代の方は珍しくありませんので、お祖母様が特にご高齢ということには ならないと思います。

よく言われることですが、何歳かよりも、お体(と、お気持ち)が どれくらい若いか。なのです。

70歳代前半でも寝たきりになってしまう方もいれば、90歳でも ご自分のことは全部ご自分でされる方もいらっしゃいます。


●ご高齢の方の透析について


ご高齢の方が血液透析をお受けになった場合ですが、 確かにお若い方に比べて、心機能などが悪くなっていることが多く、 透析中のトラブルも発生しやすい、ということは言えると思います。

しかし「苦痛で」意識がなくなる、ということは経験したことが ありません。


おそらく、血圧が下がってしまい意識がなくなることを その様に表現されたのではないかと思います。


血液透析では治療中に血圧が下がることがあり、あまり 大幅に下がると意識がなくなってしまうこともあります。

その意味では、100%安全な治療とは言えないのですが、 もちろん、ご高齢の方ではそういうことが生じやすいことを 意識しながら治療を行いますので、とても危険だ、と いうこともないとお考えいただいてよろしいかと思います。


[回答日 2008/10/7]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持