top of page

透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q227]祖父が透析を受けた後にガーゼで針あとをおさえてベルトで止めて帰宅し出血はとまっていたのですが、今朝、かなりの量の出血をし、夜になっても止まらなかったのですが何故でしょうか。


 

[回答]


●ヘパリンについて


透析では治療中にヘパリンという血液を固まりにくくするお薬を 使います。しかし、このクスリの効果は、透析治療の翌日までには ほとんど消失してしまうと考えられています。

ですから、透析の次の日の朝にシャントから出血をしたのは、 このヘパリンの影響ではない可能性が大きいと思われます。


●シャントから再出血をした時に考えなければいけないこと


まずはシャント血管への穿刺場所です。あまり同じところにばかり 針を刺していると、再出血をしやすくなりますので、できるだけ いろいろなところに針を刺すようにします。


血液の検査で血小板という項目の数値が下がってはいないでしょうか?

この血小板が減少することが、透析をお受けになっている方では ときどき見られますが、血小板が減少してしまうと出血しやすく、 また、止血しにくくなります。


合併症に対する薬剤として、上記の血小板のはたらきを抑える クスリが処方されていることもあります。血液をサラサラにする 作用があるのですが、この系統のクスリを使っていると 血小板の数が正常でも、出血をしやすくなることがありますので、 注意が必要です。


[回答日 2008/11/4]

bottom of page