透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q235]透析を週3回受けられている方の食事について質問させてください。リンとカリウムは標準値になっているのですが、総タンパク質が低く、 尿素窒素が高いとのことです。

(質問のつづき)

総タンパク質を上げたいと考えているそうですが、主治医の先生から 「総タンパク質を上げたら、尿素窒素も上がる」と伺ったそうです。 「総タンパク質を上げて、尿素窒素を下げる」方法はあるのでしょうか?

 

[回答]


●総タンパク質と尿素窒素の関係


調理に手間をかけていただいているので カリウムの値がよいのですね。おつかれさまです。


結論から申し上げると、 「総タンパク質を上げて、尿素窒素を下げる」 というのは、とても難しいことです。


血液の検査で総タンパクやアルブミンという項目は 高めの方がよいことが知られています。


名前の通りタンパク質ですので、お肉やお魚、乳製品などを たくさん食べていただけば、総タンパク・アルブミンは 上昇することがあります。


一方、尿素窒素はこのタンパク質が分解されてしまったあとの ゴミ(老廃物)です。

尿毒素とも呼ばれますが、必ずしも「毒」というわけではありません。

しかし、血液検査では低い方がよいのです。


透析をお受けになっている方が、たくさんタンパク質をお摂りになったときに、 血液の総タンパク・アルブミンがあまり上昇せずに、尿素窒素だけが 上昇してしまうことがあります。

この場合には、リンも上昇することがほとんどです。

これでは逆効果になってしまいますね。


●なぜ尿素窒素が上がるのか?


どうしてこのようなことが起こってしまうのでしょうか?


食事中のタンパク質は、胃や腸の中で消化をされます。

そうすると、バラバラに分解をされてアミノ酸という形になります。

お聞きになったことがあるかも知れませんね。

このアミノ酸に分解されて、初めて腸から血液の中に吸収されます。


吸収をされたアミノ酸は、人間の細胞の中で再びタンパク質に 作り替えられます。そのタンパク質が筋肉になったり、血液中の 総タンパク・アルブミンになったりするのです。

つまり、アミノ酸はタンパク質を作るための部品なのです。


私たちは、自分が必要としているアミノ酸の量をきちんと正確に 摂取するわけではありません。

そんなことは不可能です。

必要とする量よりも多めに摂って、余った分は捨てているのです。

これが尿素窒素になります。


腎臓の働きが正常であれば、尿素窒素はオシッコの中にどんどん 捨てられていきますから、血液中に貯まることはありませんが、 透析をお受けになっている方では、蓄積してしまいますから、 これを透析で除去するのです。


わかりやすくするために、正確さは欠きますが、 このように考えていただいてほぼ間違いはありません。


ですから、タンパク質の多い食事をすると、血液の総タンパク・アルブミンが 上昇するかわりに、尿素窒素も上昇してしまうのです。

これが主治医の先生がおっしゃったことなのです。


●タンパク質を多く摂っても総タンパク質が上がらない理由


さらに、複雑なことなのですが、タンパク質を多くお摂りになっても 総タンパク・アルブミンはほとんど上昇せずに、尿素窒素だけが 上昇してしまうことがあります。


これは、アミノ酸という部品がたくさんあっても、腎不全という重大な 病気があるために、うまくタンパク質を作ることができないためと 考えられています。


タンパク質を作る工場(細胞)がうまく機能しないと、 部品(アミノ酸)がたくさん余ってしまって、それが尿素窒素になってしまうのです。


●対策方法はないのか?


それでは、どうすればよいのでしょうか?

患者さんの状態にもよりますが、次のことを考える必要があります。


(1)患者さんがご高齢であって、データがそれほど悪くなければ 現在の食生活をあまり変更せずに、そのまま様子を見る方法があります。

総タンパクで6.0以上、アルブミンで3.0以上くらいあれば、ご高齢の方の場合、 無理にタンパク質を食べなくてもよいと思われます。


(2)患者さんがまだ若くて、総タンパク・アルブミンを上昇させたい 場合は、食事中のタンパク質を増やしますが、同時に適度な運動を きちんとして、かつ、透析量を増やすことが重要です。

透析量を増やす、というのは、透析で毒素をたくさん除去することで 透析時間を延長したり、血流を増やしたり、ダイアライザーを大きくしたり します。これは、主治医の先生や透析スタッフがお考えになることです。

尿毒素をたくさん除去して、アミノ酸をタンパク質に作り替える工場が 活発に働くようにして、しかも、出てくる老廃物である尿素窒素を たくさん除去することが必要になるのです。

運動量を増やすことも重要です。

極端な例をあげますが、寝たきりの方は、どんなにタンパク質を食べても、 なかなか血液中の総タンパク・アルブミンは上がってきません。

細胞という工場がうまく働くためには、運動も大切なのです。


「総タンパク質を上げて、尿素窒素を下げる」のはとても難しいことで、 患者様のお体の状態にあわせて対策をしていくことが必要です。

主治医の先生とも、よくご相談していただくことをおすすめいたします。


[回答日 2009/3/3]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ