透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q236]透析をはじめて5ヶ月がたつ83歳の父のことです。糖尿病もあって、現在インシュリン朝8単位、夜4単位うちます。透析前の血糖値は200前後(朝食後2時間)です。

(質問のつづき)

最近記憶があいまいで、インスリン打ったっけ?ごはんたべたっけ? など言動がおかしいのです。 今のところ糖尿による合併症(目やあし)はでてないのですが、 血糖コントロールが悪くて認知症になってしまったのでしょうか? 最近のHbA1cは6.7でした。

 

[回答]


●認知症で見られる症状と思われます


インスリンをうったか、食事をしたかなど、少し過去のことが わからなくなってしまうのは、ご心配をされているように 認知症で見られる症状です。


また、他の病気からこのような症状が見られることもあります。

たとえば、睡眠薬によって引き起こされる記憶障害が有名です。


●糖尿病や尿毒症が原因ではなさそうです


ご心配をされている糖尿病のコントロールですが、 食後血糖(透析前)は若干高めかとは思いますが、 HbA1cが6.7%であれば、決して悪いコントロールではありません。

糖尿病の方は認知症の症状を呈することがありますが、 すくなくともお父様の場合は、血糖が原因での症状では ないとお考えいただいてよいと思います。


尿毒症が認知症の症状を引き起こすことがありますが、 透析を始められて5か月が経過しますので、よほどの 透析不足(毒素の除去不足)がなければ、 尿毒症からの認知症状も考えにくいと思われます。


●原因として考えられること


もしお父様が認知症になってしまっているとすると、 アルツハイマー病と脳血管性認知症は、是非チェックを するべきです。

脳血管性認知症の場合には、これまで脳梗塞を 起こされていることが多いです。

診断は、神経内科や脳神経外科で頭部のMRIなどの 検査を行います。


お父様の症状が一時的なもので、回復をしてくだされば よいのですが、そうでなければ早めの対処が必要な 病気が隠れている可能性もありますので、 透析の主治医の先生と相談をされて、上記の 専門医を受診されることをお勧めします。


[回答日 2009/3/10]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい