透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q237]1992年より透析を行っています。2、3年前より両肩、肘、膝、左手指先などが常に痛み、特に夜中は 痺れから痛みがひどくなります。

(質問のつづき)

透析患者には、骨や間接が痛む人が多いとのことですが、 なにか良い対処方法をアドバイス頂けませんでしょうか?

 

[回答]


●痛みの箇所が多いことが気になります


透析歴が15年を超えていらして、痛みやしびれ感などでお悩みとのことです。


ご質問にあるように、透析治療が長くなると骨や関節が障害され、 痛みやしびれ感の原因となることが少なくありません。


しかしながら、両肩、肘・膝(これも両側でしょうか)、左の手指というように 痛みの個所が多いことが気になります。


いくつかの原因が考えられ、これから、ご説明させていただきますが、 まずは症状の原因を突き止めて、それに応じた治療を考えていく必要があります。


主治医の先生と相談をしながら、検査や、整形外科・神経内科などの 受診をお考えになってみて下さい。


●アミロイドーシスが起きている可能性


まず、関節の痛みですが、16年という透析歴を考えるとアミロイドーシスが 起きてきている可能性があります。関節にβ2マイクログロブリンという 物質が沈着するために起きる合併症ですが、肩や膝などの比較的 大きな関節の痛みの原因となります。


また、このアミロイドーシスが手首の関節に生じると、関節の痛みではなく 手根管症候群といって手指の痛みやしびれ感の原因となります。 アミロイドーシスについては、お聞きになったことがあるかも知れませんね。


手根管症候群の診断は、整形外科医の診察や、神経伝導速度という 検査が役に立ちます。

また、肩関節などの大きな関節にアミロイドーシスが生じていないかどうかには MRI検査が行われます。


●骨に病変はないか


肘や指先の痛み・しびれ感があるときには、頸椎病変、つまり首の骨に 病変がないかどうかを確認することも大切です。

頸椎のヘルニアや、頸椎に生じるアミロイドーシスもあり得ますので、 これも整形外科での検査をお勧めします。

ただし、もし頸椎に原因があったとしても、膝の痛みは生じませんから、 膝は別の変化が生じているということになります。


治療としては、おそらく消炎鎮痛剤(いわゆる痛み止め)の内服が 効果があると思われますが、痛み止めは胃を悪くすることが多いですから、 できる限り使用したくありません。

湿布などの副作用が少ない治療、場合によってはビタミンB12の内服が 効果を発揮することがあります。ビタミン剤も副作用が少ないですから、 試してみる価値はあると思います。


上に書いたアミロイドーシスがあれば、症状の強さを考えながら 場合によっては手術療法も選択肢の一つとなります。


いずれにしても、早めの受診をおすすめいたします。


[回答日 2009/3/17]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい