透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q238]透析中に血液が上がったり、下がったりするのは何故ですか? 透析をしている時、血管や体の働きがどの様になっているのか、詳しく教えていただけますか?


 

[回答]


●透析治療中の血管の働き


血管の働きですが、透析治療では多くの場合、治療中に血管は拡張をします。

これが、透析中の血圧低下の一因となります。


体には、血圧低下に対応する仕組みがありますから、拡張した 血管を元のように収縮させる動きもありますが、これには 個人差があります。


ですから、血圧が下がりやすい人と、それほど下がらない人とが いるのです。


●血管の外にあった水分が血管の中に引き込まれることも


除水は血液から水分をしぼり出しているのですから、 まずは血管の中の水分が除去されます。


この時点では血管の外(かつ体の中)の水分は多めの状態になっています。

血管の中の水分除去が進むと、血管の外にあった水分が 血管の中に引き込まれてきます。

これを「リフィリング」と呼んでいます。


このリフィリングがスムーズに行われると、血管の中には 透析治療中でも十分な水分がありますので、透析中の 血圧は比較的安定するのですが、リフィリングの速さには 個人差があり、なかなかリフィリングが行われない方では 血管の中が脱水、血管の外には水分が余っている、という アンバランスが生じ、血圧下がったり、こむら返りの原因と なったりします。


●スタッフが常に患者様の変化に気を配っています


透析中の体の働きは?ということですが、透析中に大きな変化が あるのは前述のような血管系になります。


あとは、呼吸数が普段よりも早くなっている方がいます。

心拍数(脈拍)も血圧が下がったときなどには、早くなることがあります。


また、電解質(カリウムやカルシウム)の変化によって 不整脈が出る方もいます。


大まかな話になってしまいますが、このような変化が認められます。


ですから、透析治療中においては、スタッフが常に患者様の変化に 気を配っています。

また、静かでリラックスできる透析治療室であることは、 患者様の体調が良いという証拠でもあるわけです。


[回答日 2009/3/31]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持