透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q249]看護師をしています。心不全の患者さんで、ほとんど尿が出なくなってしまったときに、透析を開始後、尿が多量に流出するようになるのはどうしてなのでしょうか?


 

[回答]


●尿量が減少する原因


うっ血性心不全の時に尿量が減ってしまい、大量の利尿薬を 投与したり、透析治療を行うことがあります。

そのような場合のご質問と判断してお答えさせていただきます。


尿量が減少する原因は、腎血流が減ってしまうためです。


心不全は、心臓が十分に血液を駆出できなくなった状態ですから、 全身の臓器の血流不足が起こります。

腎臓の血流も不足してしまうために、尿量が減少してしまうのです。


尿量の減少は、水とナトリウムの貯留を引き起こし、 ますます心不全状態が悪化するという悪循環に陥ります。


●治療後に尿量が一気に増える理由


治療としての利尿薬や透析、あるいは他の薬物療法などが奏効すると、 水分貯留が解消されて、心臓の収縮力が回復し、 心臓が駆出する血流量も増えてきます。


そうすると、腎血流も増加して、腎機能が回復するのです。


尿量が一気に増えるのは、体に貯留した水分とナトリウムを 体外に排泄するためなのです。


[回答日 2009/9/3]

タグ:

関連記事

(質問のつづき) 嘔気が止まり最高血圧が低いため、ベッドで安静20分後、血圧がいつもの値に戻りました。その後昼食の時間がきていたのでどうしたいいものかと迷いました。嘔吐した後は絶飲食をして胃を安静にするべきなのか。昼に決められた水分量だけを飲んでもらうのが良いのかも迷いました。ご助言いただければ幸いです。 [回答] 血液透析をお受けになるご高齢の患者さんが増える中で、私たち透析医療機関のスタッフは

[回答] いただいた御質問の各項目について、回答をさせていただきます。 ●穿刺部 血液漏れがないかどうか、テープ固定が緩くないかどうかを確認し失血事故を防ぎます ●血流量 透析条件と合致しているかどうかをチェックします。 もし設定されている条件よりも少なければ、透析量(尿毒素の除去量)が少なくなってしまいます。また、血流量が多い場合、尿毒素の除去量は増えますが不均衡症候群などを誘発する可能性があり