top of page

透析Q&A

  • 執筆者の写真いい透析ドットコム

[Q249]看護師をしています。心不全の患者さんで、ほとんど尿が出なくなってしまったときに、透析を開始後、尿が多量に流出するようになるのはどうしてなのでしょうか?


 

[回答]


●尿量が減少する原因


うっ血性心不全の時に尿量が減ってしまい、大量の利尿薬を 投与したり、透析治療を行うことがあります。

そのような場合のご質問と判断してお答えさせていただきます。


尿量が減少する原因は、腎血流が減ってしまうためです。


心不全は、心臓が十分に血液を駆出できなくなった状態ですから、 全身の臓器の血流不足が起こります。

腎臓の血流も不足してしまうために、尿量が減少してしまうのです。


尿量の減少は、水とナトリウムの貯留を引き起こし、 ますます心不全状態が悪化するという悪循環に陥ります。


●治療後に尿量が一気に増える理由


治療としての利尿薬や透析、あるいは他の薬物療法などが奏効すると、 水分貯留が解消されて、心臓の収縮力が回復し、 心臓が駆出する血流量も増えてきます。


そうすると、腎血流も増加して、腎機能が回復するのです。


尿量が一気に増えるのは、体に貯留した水分とナトリウムを 体外に排泄するためなのです。


[回答日 2009/9/3]

Comments


bottom of page