透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q251]5歳で糖尿病を発病、現在32歳で、夜間透析を始めて10ヶ月になります。

(質問のつづき)

透析を始める前と終了30分前に血糖値を調べてもらうのですが、 良く終了1時間前に、体が熱くなり汗がでてぽ~っとなる 低血糖症状になるのです。 血糖値を調べてもらうと110前後で普通の値なのです。 職員の方も、80以下のときは糖分を入れてくれるのですが 110前後だと入れてくれません。 一応「糖分入れますか?」と聞いてくれるのですが、 入れてもらっても良いものですか? 入れてもらうと血糖値が200ぐらいになってしまうのでは・・・? なぜ、110前後で低血糖症状になるのでしょうか? そのときは糖分を入れてもらっても良いのでしょうか?

 

[回答]


●血糖が低下することがしばしばあります


すでにご存じのことかも知れませんが、 透析治療では血糖が低下することがしばしばあります。

ご質問のメールを拝見すると、透析終了30分前の血糖は 80くらいから110くらいのことが多いようですが、 開始時の血糖はいくつくらいなのでしょうか?

開始時の血糖が比較的高めで、終了30分前の血糖が ご質問のような値であれば、透析で血糖が下がっている、 ということになります。


●低血糖への対処を優先するのが原則


もし「体が熱くなり汗がでてぼーっとする」という症状が、 ご経験からみて、低血糖症状に間違いないのであれば、 ブドウ糖を入れてもらうことをためらう必要はないと思います。


ブドウ糖を入れることによって、血糖が上昇してしまうことを ご心配されておいでですが、低血糖と高血糖とを比べれば、 低血糖への対処を優先するのが糖尿病治療の原則です。


●低血糖症状がでてしまう理由


110前後の、いわゆる「正常な」血糖値でも低血糖症状がでてしまう 理由ですが、血糖が下がるスピードが速いときには、 たとえ血糖値が正常であっても低血糖症状が出てくることが知られています。


たとえば、200の血糖値が短時間で110になると低血糖症状が出るのです。

ですから、上に書きましたように、透析開始時の血糖がいくつなのか、 あるいは、可能であれば、透析開始後2時間目の血糖がいくつなのかを チェックして、血糖が急激に下がっていないかどうかを確認することが 望ましいと考えます。


●低血糖症状を出現させないことが重要


もし透析中に血糖が急に下がっているようでしたら、 低血糖症状が出現した時には血糖の値に関係なく、 ブドウ糖静注などの対応が必要ですし、 何よりも低血糖症状を出現させないことが重要です。


透析中に補食(1/2~1単位程度)をしてみたり、 透析日のインスリンの量を減らしたりという対応があります。


主治医の先生と相談をして、低血糖症状が出ないような 工夫をしてみて下さい。


[回答日 2009/9/15]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい