透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q255]透析治療をはじめて2年目です。3週間前に歩行中にプチと音がし突然足裏に痛みがはしり、痛みで歩行が困難になりました。

(質問のつづき)

近くのクリニックで診て頂いたところ骨折はしておらず 足底腱膜炎ではないかということで、シップ薬と電気治療を行いました。 その後、痛みは足裏側面から親指付け根、足の甲とうつり、 歩行は痛みが伴いますができます。 ただ3週間経過しても痛みがあり、最近は足が腫れています。 痛みがあるから腫れているのかも知れませんが、 もう一度大きな病院で検査してもらった方が良いでしょうか。

 

[回答]


●足底筋膜炎と、その可能性について考えてみましょう


透析をお受けになっている方では、足底筋膜炎はしばしばみられます。

その名の通り、足の裏(足底)の炎症ですから、足の裏に痛みが出ます。


ただ、メールを拝見して気になるのは、症状の出現が突然で 「プチ」と音がした、ということです。


一般的に足底筋膜炎では、このような突然の発症ではなく、 だんだん痛みが強くなってきたということが多いのです。


痛みの場所が足の甲の方に移ってきているのも、通常の足底筋膜炎とは 異なる印象があります。


また、足底筋膜炎では腫れはそれほどひどくならないことが多いです。


ですから、足底筋膜炎とは別の状態になっている可能性も考えた方が よいかと思われます。


●大きな病院への受診をおすすめする理由


あなた様の場合は、ご質問にあるように、別の病院などの整形外科で 相談をしてみる方がよいかも知れません。


現在かかっている整形外科ではダメだ、というわけではありません。


整形外科の先生の中には、透析をお受けになっている方の合併症に 詳しい先生と、あまりご存じない先生とがいらっしゃいます。


透析治療をやっている病院の整形外科であれば、透析をお受けの方を 多くみた経験があることがほとんどですから、その点から大きな病院を 受診してみることをお勧めします。


[回答日 2009/10/20]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい