透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q265]透析歴20年の父(68歳)が脳梗塞になってしまいました。幸い、手足の麻痺などはなく、右目の視野が少し狭くなった程度です。 首の血管の動脈硬化がの悪化が原因だということでした。

(質問のつづき)

脳梗塞の他に脳に3箇所動脈瘤があります。 血流をよくする薬が処方されています。 今後の生活や治療において、注意することはありますか? 最近、血圧も安定していません。

 

[回答]


●再発を防ぐことが大事です


長期間透析をお受けになっていらっしゃると、どうしても動脈硬化が 進んでしまい、お父様のように脳梗塞や心筋梗塞といった 重大な合併症が出現しやすくなります。


お父様の場合には、いわゆる「軽い脳梗塞」で済んだようですね。


しかし、動脈硬化があることは間違いありませんから、いかに再発を 予防するかが大切です。


血流をよくする薬が処方されたとのことですが、 脳梗塞の再発を予防するために、ぜひお続けになってください。


●注意していただきたいこと


今後のことですが、血圧をきちんとコントロールすることがとても重要です。


血圧が高いと脳梗塞になりやすいことが知られていますので、 「安定しない」とのことですが、普段から血圧を測定する習慣を つけていただきたいと思います。


透析の治療中には頻繁に血圧を測定しますが、透析中以外の 日常での血圧がきちんと下がっているかが重要です。


できれば上の血圧で130mmHg程度には下げたいのですが、 あまり血圧を下げていくと、透析中に血圧が下がりすぎて治療に 支障を来すことがあり、必ずしも理想通りにはいかないことが多いです。

ですが、もし透析中の血圧の下がりすぎがなければ、透析以外の血圧は 厳密に下げておいた方がよいと考えております。


また、定期の血液検査のコレステロールの値に注意をしてください。

特に悪玉コレステロール(LDLコレステロールといいます)の値が 重要で、これを100mg/dL以下にしておくことが目標です。


●再発を防ぐために良いと思われること


主治医の先生の指導の元に行うことを前提としますが、 以下に、再発を防ぐために良いと思われることをご紹介します。


適度な運動を続けるのは良いことです。

散歩などの軽い(息が切れない程度の)運動は、血圧を安定させ、 動脈硬化が進むことをある程度は防止してくれます。

また、筋力が衰えることの予防にもなります。


また、首の血管の動脈硬化と言われたようですが、この頸動脈の動脈硬化が どの程度なのかは、超音波検査(エコー)で比較的簡単にみることができます。


超音波検査は痛みがなく、安全性の高い検査ですので、ぜひ定期的に お受けになって、動脈硬化が進んでこないかどうかをチェックして もらってください。


頸動脈の動脈硬化が進んで、血液の流れに支障が出るようであれば、 外科的な手術で、血液を流れやすくする=脳梗塞の再発を予防する 治療方法もあります。


脳梗塞が再発せず、お父様が快適な透析ライフをお過ごしになることを 心より祈っております。


[回答日 2010/2/10]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい