透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q272]現在、週2回の透析を行っています。 週3回とする目安は何ですか?


 

[回答]


まず大きな原則を2つ説明させていただきます。

(1)透析時間は長いほどよい

(2)透析回数は多いほどよい

という2点です。


(1)透析時間は長いほどよい


透析時間が長ければ、それだけたくさんの尿毒素が除去されます。

また、除水を考えたときにも、短い時間でたくさんの水分を 引くよりも、ゆっくりと引いた方が お体への負担を減らすことができます。


(2)透析回数は多いほどよい


次に透析回数ですが、多くの方は週に3回の透析をお受けになっています。


仮に1回の透析時間が4時間だとすると、週に3回の透析で、 1週間あたりの透析時間は12時間となります。


これを、週に6回(日曜日は休みとして)の透析で、1回の透析時間は 2時間としても、やはり1週間あたりの透析時間は12時間です。


このどちらの透析の方が合併症を防いだり、寿命を延ばしたりするのに 効果があるかというと、週6回の方だと考えられています。


「短時間連日透析」といいますが、このような透析治療を お受けになっている方が、少数ではありますがいらっしゃいます。


(3)透析が週2回である理由として考えられること


ご質問からしますと、週に2回の透析をお受けに なっていらっしゃるということでしょうか?

週2回のだとしますと、まだきちんとオシッコが出ていて、 透析と透析の間で体重があまり増えないものと推測されます。


オシッコの量が減ってきて、体重が増えるようになり、 それにともなって透析での除水量が増えてきたら 透析回数を3回にすることをお勧めします。


また、週に2回の透析では尿毒素が十分に除去できなくなった場合も 透析回数を増やした方がよいです。

これは定期的な血液検査でわかりますから、主治医の先生と 相談をしながらお決めになって下さい。


原則はこのようなお話しになりますが、透析時間を延ばすこと、 透析回数を増やすことには抵抗感をお持ちになる方が少なくありません。


ご自身のお体のことですので、主治医の先生と 相談をしながら、できるだけいい透析治療を お受けになっていただきたいと思います。


[回答日 2010/5/11]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持