透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q275]1週間前から両足に力が入らず、転倒するのではと心配です。プールで運動した後は少しは改善されます。時間がたつと、また歩くのに力が入らない感じです。

(質問のつづき)

透析34年、変形性腰痛症、人工股関節(両足)で1ヶ月半前の検査では異常はありませんでした。足に痛み、シビレはありませんが、末梢の足の冷感は前からありました。

 

[回答]


●筋肉の力が入りにくくなる原因


手足に限らず、筋肉の力が入りにくくなる原因は、おおよそ3つあるとお考えいただきたいと思います。


(1)筋肉が衰える

筋肉が衰えているのであれば、基本的な対策はリハビリテーションです。

プールで運動をされているとのことですが、是非継続していただきたいと思います。


(2)筋肉に命令を伝達する神経にトラブルがある

神経のトラブルには、脳梗塞のように中枢性のものと、手根管症候群のような末梢性のものとがあります。

足の力が入らない場合、手根管症候群のようなアミロイドが原因となることはあまりありません。

しばしばみられるのは脊柱管狭窄症といって、腰の背骨のところで神経が圧迫されて足の力が入りにくくなる病気です。

しかし、腰椎の検査をお受けになっているとのことですから、脊柱管狭窄症は考えにくいと思います。


(3)筋肉に血液が十分に届いていない

血液が十分に流れてくれなくなる閉塞性動脈硬化症も、透析をお受けになっている方によくみられる、しかも重大な合併症です。

おおざっぱに言ってしまえば足の血のめぐりが悪くなるのですから、足に冷感がでてきます。これはあなた様の症状と一致します。

しかし、血のめぐりが悪くて筋肉の力が入らない場合は、運動をすると症状が悪化するのが一般的です。プールで運動した後、症状が一時的であれ改善するとなると、閉塞性動脈硬化症は考えにくいのかなと思います。


●原因の究明と対策についてのご提案


もし、これまで血流の検査をお受けになったことがないのであれば、ドップラー血流計やフォルムという機器を用いた簡単なスクリーニングが可能です。

これらの検査機器はかなり普及していますから、現在、透析治療をお受けの施設にも備わっているかも知れません。

主治医の先生と相談をしてみて下さい。


原因が上記の(1)~(3)のいずれであっても、運動を継続することはとても大切です。

痛みを我慢するなど、無理をしてはいけませんが、そういう症状がなければ、主治医の先生と相談していただきながら、プールに限らずいろいろな運動を試みていただきたいと考えます。


[回答日 2010/10/5]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい