透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q283]先日、透析治療を受けている家族が指先を切ってしまった時、止血をしても、なかなか止まらず、病院に連れて行きました。血は止まりにくいものなのでしょうか?


 

[回答]


透析をお受けになっている方は、一般的に血が止まりにくくなっています。

これには2つの理由が考えられます。


●1つめの理由は腎臓が悪くなっているからです。


腎臓が悪くなると、老廃物(尿毒素と呼んでいます)が血液中にたまります。


この尿毒素が、血液を固める作用をもつ血小板の働きを邪魔することが知られています。


血小板は「かさぶた」の元と考えていただいてよいのですが、この血小板の働きが悪くなるために、血が止まりにくくなるのです。


●2つめの理由はクスリの影響です。


透析中に血液が固まってしまうと、治療が行えません。

そのため、透析治療中は”ヘパリン”という ”血液が固まりにくくなるようなクスリ”を使います。


このヘパリンが効いている時間はおよそ数時間程度と考えられていますが、透析治療があった日では、このヘパリンの作用が残っていることがありますから、そういう時にケガをすると血が止まりにくくなります。


また、腎不全の合併症として脳梗塞や心筋梗塞などがありますが、これらの合併症を予防するために、血液をサラサラにするクスリをおのみの方もいらっしゃいます。


血液をサラサラにする作用を持つお薬は、血を固まりにくくするので、このようなクスリを飲んでいる方では、血が止まりにくくなることがあります。


[回答日 2010/12/29]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ