透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q284]私は10年前から透析を受けています。最近、肝硬変による腹水が問題になってきました。腹水は透析では抜けて行かないと理解しています。腹水はドライウエイトの管理にどういう影響があるのでしょうか。

(質問のつづき)

例えば「中2日で1.5kg体重が増加し、このうち、100gは腹水の量の増加によるという状態」だったとします。そのためにドライウエイトに戻すために透析治療で1.5kgを抜いた場合、腹水は抜けていないので結局100g余分に引いた状態になると思うのです。実際にはこのような計算になるのでしょうか。

 

[回答]


●ご質問の状況を整理してみましょう


もし、ご質問にあるような状態が生じていて、毎回、透析治療で100gずつ余分に除水をしていると仮定しましょう。


すると、月の平均透析治療回数が13回ですので、

1ヶ月で、100g×13回=1.3kg

も余分に除水をしてしまうことになります。

それでは脱水になってしまいます。


また、増加のうちの100gは腹水だと判断をして、増加分よりも毎回100g除水量を減らすとすると、毎回100gずつ腹水はたまり続けてしまいます。

1ヶ月で、100g×13回=1.3kg

の腹水が増えてしまうことになります。


しかし、実際にはそのようなことは生じません。


●増加した分の水分は血管の外にもれてたまることも


ご質問にある例のように、1.5kg体重増加した場合、その1.5kg分の水分が血管内にたまっていることはありません。


正確な割合はわかりませんが、一部は血管の外にも水分がもれてたまります。

たとえば、「むくみ」は血管の外にもれて出てきた水分です。

腹水もこれに含まれます。


●透析治療をすると体内の水分はどうなるのか


透析治療で除水をすると、血管内の水分が除去されます。

1.5kgの除水をすると、血管内から1.5kgの水分が除去されますから、血管の中が脱水になります。

血管の中が脱水になると、血管の外に漏れ出ていた水分が血管の中に戻ってきます(これを「リフィリング」といいます)。


ですから、透析治療で除水をした後に、むくみがある方の場合は、そのむくみがとれてきます。


●透析治療をすると肝硬変による腹水はどうなるのか


上記と全く同じ仕組みが働いてくれれば、腹水も除水により取れてくれることになるのですが、肝硬変による腹水の場合は、むくみとは違って、腹水をためる力が働いてしまっていることが多いのです。


この腹水をためる力の原因は、血液の中のタンパク質が減少することと門脈という血管の中の圧力が高くなってしまうことです。


ですから、血管内が脱水になっても、腹水はなかなか血管の中に戻ってきてくれません。


そのために、ご質問にあるように100gのすべてが腹水のまま残ってしまうことはないとしても、

100gのすべてが血管内に戻ることもないので、腹水はだんだん増えてきてしまうことがあるのです。


●腹水のある方の除水設定は難しい


このように、腹水のある方が血液透析をお受けになる場合の除水設定は、なかなか難しいものであることをご理解いただけるものと思います。


体重増加分の除水を行わないと腹水が増えてしまいますから、除水はきちんとお受けになってください。


それでもなお、腹水が増えてきてしまうことがありますので、その対処については、主治医の先生とよく相談をしながら、治療方針を決めていっていただきたいと存じます。


[回答日 2011/1/5]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい