透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q311]母親が2度目のシャント手術を受けました。1週間後くらいから、シャントをうけた側の手が紫色になり、しびれもでてきました。透析中も肩が痛くなり、かなりつらいようです。

(質問のつづき)

血流が悪くなることがあるといわれて、しばらく様子をみているのですが、指先まで血流をよくするために患者自身でできることや、気をつけなければならないことはありますか?握力をつけるための運動などはしてもよいものでしょうか?

 

[回答]


シャントで苦労をされている方は少なくありませんが、お母様は本当に大変そうですね。


●原因についての推測


メールでうかがう範囲で原因として考えられることをお話いたします。


まず、シャントの側の手が紫色になってしまうのは、手や指に行く血液が足りなくなるからです。

シャントの手術をすると、その部位で血液がUターンしてしまいますから、どうしても手や指に行く血液は減少します。


それでも、透析をお受けの方の多くは、あまり問題にならなりません。

それは、シャントで使用した血管以外の血液が手指まで届いてくれるからです。


お母様のような症状が出る方では、シャントの手術をした血管以外の血管があまり発達していなくて、手指の血流不足から現在の症状が出ているものだと推測されます。


●治療方法について


治療としては、血液の流れをよくするクスリ(血液をサラサラにするクスリ)を用いたりします。


どうしても症状が改善しなかったり、症状が悪化するような場合にはせっかく作ったシャントですが流れを止めてしまうこともあります(その場合にはまた別のシャントを作る必要が出てきます)。


●患者様ご自身で出来ること


さて、お母様ご自身でできることですが、まず日常生活で冷やさないように注意をしてください。

水仕事を避けるか、できるだけお湯を使うようにしてください。


とにかく指先に行く血液を多くしたいですから、「血の巡りをよくすること」が大切です。


痛みやしびれが強くならなければ、運動は構いません。


そして、シャントでない方の手でシャント側の手指をもんであげる(マッサージをする)ことも症状を和らげることに役立つと思います。


[回答日 2011/10/14]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい