透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q322]ほとんどの透析治療は週3回4時間透析ですが、施設によっては5時間以上のところもあります。 なぜこのような違いがあるのですか。 また、治療時間によって診療報酬等が決められているのでしょうか。

(質問のつづき)

更には、時間が長くなった場合の医療費の負担等はあるのでしょうか。 自分から施設側に時間を長くしてもらうよう要望はできるのでしょうか。

 

[回答]


●透析治療の時間について


透析時間が長い方がお体のためにいいことは、ほぼ確実です。

尿毒素がたくさん除去されますし、時間をかけて除水をした方が短時間で除水をするよりも心臓などへの負担が少なくなります。


このことから、長時間透析を積極的に進める・勧めるところも少なくありません。

6時間を標準的な治療時間としている透析クリニックもあります。


●多くの透析治療が4時間である理由


多くの透析施設では4時間が標準的な時間となっています。


いろいろな要因があると思いますが、私が仕事をして一番に感じるのは患者さん自身が長時間透析を望まない、むしろ透析時間の短縮を希望されていることです。


長時間透析では時間的な拘束がイヤだという方が多くいらっしゃいます。

また、ベッド上に長くいると腰痛が出てくるなど、身体的な問題から長い時間の透析ができない方もいらっしゃいます。


上記のような要因と治療の効果等のバランスを考慮して、多くの透析治療が4時間に落ち着いているということだと思います。


ちなみに、当院では患者さんの了解・同意が得られれば6時間透析まで行っています。


●診療報酬と治療時間について


診療報酬ですが、1回ごとの透析時間で決められています。

区分は4時間未満、4時間以上5時間未満、5時間以上の3つがあります。


上記のように診療報酬は透析時間で異なりますが、患者さんの自己負担が増えることはありません。

ですから、ご自身のお体のことを考えれば、透析時間を長くすることをお考えいただきたいと考えています。


もちろん、患者さん側から透析時間の延長を要望されることは何ら問題がありませんし、むしろ良いことだと思います。


[回答日 2012/2/21]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持