透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q330]義足を装着して生活しています。義足の重さは1kgありますが、 透析の際にドライウエイトを決定するのに、 義足の重さを風袋としてカウントしてくれません。

(質問のつづき)

病院の説明では「生活するうえで体の一部だから風袋ではない」 ということで、コルセットは風袋として認めるそうです。 体重の増加を見るだけならいいのですが 水の溜まり具合を判断するのはおかしいと思います。 だから1kg残した状態で心胸比を測定しても48%なんです。 義足はドライウエイトにカウントするのでしょうか?

 

[回答]


●ドライウェイトと服について


ドライウェイトを裸の状態で設定するか、着衣の(服を着た)状態で設定するかは施設によって異なります。

私の知る範囲では、裸か着衣かはほぼ半々くらいの印象です(詳しく調べたわけではありませんが)。


たとえば、裸の状態でドライウェイトが50kg設定の方が、他の透析施設に転院をして、そこが着衣でドライウェイトを設定する施設であったとします。

そうすると、着ている服の重さを量って、それが仮に1kgだったとすると、その方のドライウェイトは51kgに設定されることになります。


●コルセットと義足について


コルセットは風袋にするというのは、おそらくコルセットをしなくなる状態(たとえばコルセットが不要になるとか、別のコルセットを作成して、そのコルセットの重さが変わるなど)も考慮してのことだと想像されます。


一方、義足は長い期間装着されるもので、頻繁に作り替えをすることはありませんから、風袋としていないのだと思います。

この点については、現在透析をお受けになっているところのスタッフにお聞きになっているものと思います。


●義足を風袋に含めるかどうか?


さて、上記のことをふまえて義足を風袋に含めるかどうか?ですが、基本的には着衣を含めるかどうかと同じで、どちらでなければいけない、ということはありません。


もし、義足を含めないドライウェイトをご希望になるのであれば、義足が1kgとのことですので、現在のドライウェイトから1kg差し引いたものを心ドライウェイトとし、透析前後の体重測定の時には、

その測定値から1kgを引いて計算をすれば、これまでと同じ計算になります。


実質的にドライウェイトを変更するわけではありませんから、お体への悪影響はありません。

現在透析をお受けになっているところのスタッフや主治医の先生に計算方法の変更をお願いしてみてはいかがでしょうか?


ただ気をつけていただきたいのは、今透析をお受けの施設にあなた様の他にも義足を使用されているかたがいらっしゃれば、話は異なってきます。


あなた様は風袋とし、他の方は風袋をしないというように、計算の仕方に統一性がなくなると、除水設定にミスが生じやすくなるからです。

その場合は、医療安全の面から計算の仕方は統一しておいた方がいいと考えています。


[回答日 2012/5/31]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持