透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q337]79歳になる母が透析治療の導入をすすめられています。しかし、ケアマネージャー(看護師)さんに相談した際に「まず透析治療を受けるかご家族で相談してみては?」というアドバイスがありました。

(質問のつづき)

透析治療を受けない選択をしてもいいか悩んでいます。

 

[回答]


私たち医者は、データが悪くなり腎臓が回復する見通しがなくなってしまうと、すぐに「透析が必要」という話をしてしまう傾向があります。

それは間違いではありませんが、ケアマネージャーの方がおっしゃるとおり、透析治療をしないという選択もあるのです。


●透析治療を受けなかった方


私の経験をお話しさせてください


これまで私が診させていただいた患者さんで、ご本人やご家族の意思・ご希望から透析治療を行わずに看取らせていただいたかたが、5名ほどいらっしゃいます。


この透析を受けなかった方ですが、皆さん静かに(あまり苦痛なく)最期をお迎えになりました。


透析をお受けにならないと、腎不全から水が貯まってしまい、呼吸困難になることがあり、これは大変苦しいものですが、ご高齢の方の場合は食欲不振などから水が貯まらないことがあり、上記のように静かな最期をお迎えになったものと思われます。


反対に、もし呼吸困難が出現してしまえば、当初の方針をかえて、透析治療を開始して、その息苦しさを取り除いてあげなければいけないかもしれません。


●透析治療を受けた方


一方で、5名以外のほとんどの患者さんは透析治療をお受けになったということになります。


透析治療を始めたことで「ご家族が後悔をされた=透析を受けない方がよかった」ということはあまりないように見受けられます。


ただ、これはお母様など透析をお受けになる方の身になって、ということでありご家族の負担は少なくありません。


ご家族の方を含めると「透析を続けることがこれほど大変だとは思わなかった」という声は聞かれることがあります。


できれば、複数のご家族でお母様のお世話をされて、いわゆる「介護疲れ」にならないようにすることが望ましいと思います。


また、レスパイトと呼ばれていますが、ご家族の負担を軽くするために、 たとえば「一時的に入院をしてご家族にお休みいただく」という方法がとれればいいのですが、レスパイト入院を引き受けてくれる病院は多くないのが現状です。

現在、お母様がかかっている病院がどうなのかは、確認されておいたほうがよいと思います。


●お母様のお気持ちを大切に


そして、一番大事なことはご本人=お母様の意思やご希望だと思います。

お母様のご希望をお聞きになっていただきたいと思います。


ご家族の話し合いですが、主治医の先生を交えて行うことができればそのほうがよいと思います。


お母様にとって一番いい選択ができること、ご家族の皆さんが納得できる選択ができることを、心から願っております。


[回答日 2012/9/6]

関連記事

(質問のつづき) 透析選択外来で腹膜透析をすると決めたにもかかわらず、医者からはその後の計画などの話がまったく出てきません。この病院ではダメだと思いますので、他の病院に変えたくても医者の紹介状がないと出来ない状況です。どうすれば良いのでしょうか? [回答] ●腹膜透析を選んだ経緯からの推察 透析選択外来をお受けになったとのことですから、血液透析と腹膜透析の違いを理解された上で、腹膜透析を選ばれたの

(質問のつづき) また、母が一番気にしているのは食事での塩分制限です。現在でも塩分制限が厳しいと感じていますが、ますます厳しくなるものでしょうか? [回答] 腹膜透析はお嫌だということであれば、もし透析療法が必要になった場合は、血液透析ということになりますね。 ●塩分制限の必要性について 塩分制限の必要性は、オシッコの量が減ってしまうかどうかに大きく影響されます。 透析療法が始まっても、腎臓病は進

(質問のつづき) SMAP法ではカテーテル留置期間が長い方が良いのか、個人差で変わるのか教えてください。また、APDは座った状態で行っても問題はありませんか? [回答] ●カテーテルを留置する場合の問題と期間 腹膜透析のカテーテルを留置する場合、一番問題となるのは腹膜を貫通する部分からの液漏れです。 SMAPは、この腹膜貫通部を先に手術しておいて、腹膜透析を開始するタイミングで、カテーテルを体外に