透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q340]父が今年1月より透析を週2回実施しています。 透析前後を問わず常時、血圧200前後となっており、降圧剤を服用していますが血圧が下がることはありません。

(質問のつづき)

対処として透析時に水分量を1リットル強ほど除いているとのことですが、血圧にあまり変化がありません。 主治医より週3回の透析にとの勧めもあります。 週3回にした場合、体にとっては良いのかもしれませんが、血圧を下げる手段として最良なのでしょうか。 降圧剤の変更等や別手段で血圧を下げる方法はないのでしょうか。

 

[回答]


●高血圧と対処方法について


血液透析は血圧が下がりやすい治療で、 除水に伴い血圧が下がりすぎてしまい、その対処に苦労をされるかたが少なくありません。


しかし、お父様のように血圧が下がらず、除水をしても ほとんど効果が得られないかたもいらっしゃいます。


透析をお受けになっているかたの高血圧に対しては、 まず除水を強化して血圧が下がるかどうかを確認します。

お父様の場合は1リットル除水をして、 血圧に変化がないとのことですが、 もし、透析後に体がだるくなってしまうとか、 動くのが大変になってしまうとかの症状がなければ、さらに除水を進める(体重を下げる)という選択肢があります。


●透析治療を週に3回に増やすことについて


ご質問は「週に3回に増やすことが血圧を下げる手段として最良か?」 ですが、正直申し上げてベストの方法ですとお答えする自信がありません。


透析治療そのもので血圧を下げようと思えば、効果を発揮するのはドライウェイト(透析での設定体重)を下げることであり、 透析回数を増やしてもドライウェイトが現在と変わらなければ、血圧はほとんど同じだと思います。


もちろん、透析回数を週3回にすることによって、ドライウェイトを下げやすくなるということはあります(1回の除水量を減らすことができますので)。


ですが、ドライウェイトがそのままであると仮定すれば、透析回数を増やしても血圧が下がる見込みはあまりないとお考えいただいてよいと思います。


●降圧剤について


降圧剤ですが、お父様のように血圧が高止まりしてしまうかたの場合、お薬をたくさん お飲みいただくことがしばしばあります。


たとえば、私が診させていただいている方の中には、降圧剤を7種類お飲みいただいている患者さんがいらっしゃいます。


透析をお受けになっているかたは、それ以外でもクスリが多くなってしまいますから降圧剤を増やしていくことは心苦しいのですが、血圧をきちんと下げることはとても大切なことですので、ご理解をいただいております。


ご質問のメールにはどのくらいの降圧剤をお飲みになっているのか書かれていませんでしたが、薬を増やすという選択肢は、もちろんありますし、そちらの方が有効な場合もあります。


[回答日 2012/10/17]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持