透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q343]1年半前にシャント手術をして、3ヶ月前から透析を始めました。

(質問のつづき)

血管は7cm程度盛り上がっているのですが、盛り上がった部分に針をさすと激しい痛みがあり、 その上部の太くない部分に針を刺しています。いつも透析中引っ張られる様な痛みがあります。盛り上がった部分に刺すと激痛なのは、どうしてでしょうか?

 

[回答]


●シャント血管痛


シャントは標準的には手首の腕時計をするあたりで作ります。

「7cmほど盛り上がっている」とのことですが、これは血管が太くなっているということですよね。


もしそうだとすると、手首から前腕の半分くらいのところに針を刺すと痛みがでるということだと思われます。


シャント血管痛などと呼ばれていますが、針を刺すときに痛くなることと、透析中に痛みが持続しその痛みのために透析を継続することが困難になる痛みとがあります。


●針を刺すときの痛みについて


針を刺すときの痛みは、激痛とのことですが、これは皮膚の下にある神経の痛みのことが多いと思われます。

血管ではなくても、針を刺せば痛みが出ますが、それと同じ仕組みで出る痛みです。


これが、他の場所に比べて極端に痛いのであれば、その部分の神経が鋭敏になっている(感じやすくなっている)のではないかと推測されます。

せっかく血管が太くなっているのですが、もし痛みを感じやすい部分であればそこに針を刺すことは難しいと思われます。


皮膚の下の神経の痛みであれば、ペンレスやユーパッチと呼ばれる、局所麻酔用の貼り薬によって軽くなることがありますが、お試しになったことがあるでしょうか?


●透析中に痛みが持続すること


次に透析中に痛みが持続する血管痛ですが、これは皮膚の下の神経の痛みではないようです。

ほとんどの場合、ペンレスなどの局所麻酔も効きません。


この痛みが起きてくる仕組みはよくわかっていません。

針を刺す場所をかえてみたり、針の素材や滅菌方法をかえてみたり、いろいろな工夫がされるのですが、これが確実という対策がないので、透析をお受けになっている方にとっては、この痛みはとても悩まされるものです。


透析中の引っ張られるような痛みというのは、この痛みかもしれません。


どちらの痛みも、つらいものです。

透析治療中はなるべく快適にお過ごしいただきたいですから、主治医の先生や看護スタッフと相談をしながら、対策を立ててもらってください。


[回答日 2012/11/28]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持