透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q358]透析中の液温について教えてください。以前は、透析開始時自由に液温を設定できたのですが、担当医が変更になってから透析患者全員が一律36度設定となりました。

(質問のつづき)

私の場合は、冬場は問題は感じませんが、5月になって暑苦しく感じて、汗が滲んできます。 液温変更をお願いしましたが、担当医が決めたことなので変更は出来ないとのことです。 液温はどのような設定が良いとお考えですか。

 

[回答]


透析液の液温ですが、35℃から37℃の範囲で調節することが多いと思います。


●あらためて文献を調べてみました


今回、ご質問をいただいたことをきっかけに、あたらめて何冊かの文献を調べてみましたが、透析液の液温を36℃に固定すべきであるというものはありませんでした。


●液温を固定する理由(推察)


36℃で固定をされているとのことですが、おそらく主治医の先生のお考えでは、その温度が「生理的」だから、と言うことであろうと推測をいたします。


たとえば、血液が35℃に冷やされて、それがお体に帰ってくる(血管の中に入る)ということは生理的ではありません。


そのために36℃に固定をされたのではないか?と推察することは出来ます。


●私どものクリニックにおいての液温の設定


私どものクリニックでは、患者さんと相談をしながら(ご希望をお聞きしながら)液温を調節しております。


私の知る限りでは、治療中に暑いと感じたり、血圧が下がったりすれば液温を下げ、寒ければ液温を上げることは、差し支えはありませんし、実際にお身体に害があった経験もありません。


[回答日 2013/7/16]

タグ:

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持