透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q361]基本的なことと思いますが、ECUM時のNa除去に関して理解できません。

(質問のつづき)

当院では、透析後半の血圧低下の対処として、Naの高張液を投与することがあるのですが、その際1時間前の投与でECUMへの変更を悩んでいます。 限外濾過でのNa除去が有効とありますが、ECUM時は透析液が停止している状態で、Naは除去される水分に含まれていると聞きましてが、除水している限り除去し続けるのですか? 拡散での原理は、濃度の均一として理解できるのですが、透析液が停止いている状態でNa濃度が140になるのですか?

 

[回答]


●ECUMでの基本的な事項


ご質問にあるとおり、ECUMでは透析液が流れていませんので拡散は働きません。

ですから、限外濾過のみが働いて除水が行われるのですが、このときに分子量の小さな物質はダイアライザーの膜を通過して、水分と一緒に出てきます。


ナトリウムやカリウムはイオンであり、十分に小さいですから、ECUMの除水で、水と一緒に出てくるのです。


●具体的な数値例をご紹介


もし、患者さんの血清ナトリウム濃度が140mEq/Lだったとして、ECUMで1Lの除水をすると140mEqのナトリウムが除去されます。

除去されるのは、ナトリウムだけではなく、カリウムもブドウ糖も、それぞれの血清中の濃度に合わせて、除去されます。

カリウム濃度が5.0mEq/Lだったとすると、5.0mEqが除去され、血糖が100mg/dLだったとすると、ブドウ糖は1,000mg = 1g除去されるのですね。


これが透析であれば、透析液のナトリウム濃度は140mEq/Lが一般的ですから、ナトリウムの除去は透析とECUMで大差がないこととなります。

一方透析液のカリウム濃度は2.0mEq/Lのものが多いですから、拡散の原理が働いて、ECUMの時よりも、透析のほうがカリウムはたくさん除去されることとなります。


ちなみに、140mEqのナトリウムは食塩にすると約8.2gとなります。

思ったよりもたくさんのナトリウムが除去されているとお感じになるのではないでしょうか?


拡散と限外濾過は簡単なようで、考え始めると複雑で難しいことがあります。

ご参考になれば幸いです。


[回答日 2013/9/27]

タグ:

関連記事

(質問のつづき) 嘔気が止まり最高血圧が低いため、ベッドで安静20分後、血圧がいつもの値に戻りました。その後昼食の時間がきていたのでどうしたいいものかと迷いました。嘔吐した後は絶飲食をして胃を安静にするべきなのか。昼に決められた水分量だけを飲んでもらうのが良いのかも迷いました。ご助言いただければ幸いです。 [回答] 血液透析をお受けになるご高齢の患者さんが増える中で、私たち透析医療機関のスタッフは

[回答] いただいた御質問の各項目について、回答をさせていただきます。 ●穿刺部 血液漏れがないかどうか、テープ固定が緩くないかどうかを確認し失血事故を防ぎます ●血流量 透析条件と合致しているかどうかをチェックします。 もし設定されている条件よりも少なければ、透析量(尿毒素の除去量)が少なくなってしまいます。また、血流量が多い場合、尿毒素の除去量は増えますが不均衡症候群などを誘発する可能性があり