top of page

透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q370]トイレ離脱する際、透析機械はなぜ停止の状態なのですか?


 

[回答]


透析では除水と尿毒素の除去や電解質(ナトリウムやカリウム)の調節をしています。


ご質問にあるように、トイレなどで離脱をされる際には、ダイアライザーを含む回路内で血液は空回りをしていますが、上記の除水や尿毒素の除去は停止しています。


まず、除水ですが、もし離脱中も除水がかかっていると、空回りしている回路内で血液がどんどん濃くなってしまいます。

そのため、除水は停止します。


透析液も停止しますので、尿毒素の除去や電解質の調節も停止します。

空回りしている血液はだいたい200mL前後ですが、これが何度もダイアライザーを通過して、その際に透析液側との物質のやりとりが行われることは、たとえばカリウムやカルシウムの調整に関して、好ましくない影響が出る可能性があります。


そのため、離脱の際には機械は停止の状態にして、血液が固まらないように空回りの状態にしています。


[回答日 2014/1/16]

タグ:

bottom of page