透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q378]12年前に糖尿病性腎不全となり人工透析を開始。何度か認知症かと疑われる症状があり受診したところ、脳梗塞の跡があったり、脳の萎縮が認められる。

(質問のつづき)

一般的には血液をサラサラにする治療が行われるが、透析患者の場合は経過を確認するのみとなるとのお話でした。 そこで、認知症について専門的な対処を行っている「物忘れ外来」の受診はどうなのだろうかと考えています。 しかし、もの忘れ外来の医師は透析について専門外でよくお分かりにならないかも知れず、受診の意味があるのかどうか心配しています。

 

[回答]


ご質問の中には年齢が書かれていませんでしたが、文面より、ご高齢の方と拝察してお答えいたします。


●治療について


糖尿病から腎臓を悪くされて、透析を始めて12年とのことですから、いろいろな症状が出てきます。


脳梗塞の跡があったり、脳の萎縮が認められたりするとのことですが、問題は、この脳梗塞や脳血流の減少が行動異常の原因となっているのかどうかです。


もし、そうであれば、それに対する治療が必要となります。


現在では、透析治療をお受けになっている方に対しても、狭くなっている内頸動脈を拡げる手術治療が行われることがありますし、血液をサラサラにする薬も何種類かあって、それらを使用することもあります。


●物忘れ外来の受診について


しかし、認知症の原因が脳の血流不足ではなく、いわゆる「アルツハイマー病」の可能性もあります。

その場合には、アルツハイマーに対する治療を行うことになります。


この点から、「物忘れ外来」を受診されることは決して無意味ではありません。


むしろ、症状が重症化してしまう前に、一度専門の先生に診てもらっておくことは重要だと思います。


●受診する際にお勧めしたいこと


物忘れ外来の先生が透析のことをあまりご存じないかもしれないというご心配はもっともです。


ですから、もし物忘れ外来での治療が必要となった場合には、透析の主治医の先生と物忘れ外来の主治医の先生との連絡をきちんとしていただく必要があります。


そのために、まず透析の主治医の先生とよく相談をされて、物忘れ外来を受診する際には紹介状(診療情報提供書)を書いてもらってから受診をしていただくことをお勧めします。


[回答日 2014/6/10]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい