透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q380]調剤薬局に勤めているものですが、2つの病院に通われてるマル長の患者さんの自己負担について教えてください。月上限は1万円、すでにA病院だけで1万円を超えています。

(質問のつづき)

同じ月でB病院分の負担金は請求できるのでしょうか?1薬局として月1万円請求するのか、1病院ごとに月1万円請求するのか教えてください。A病院、B病院ともに備考欄にマル長と記載あります。

 

[回答]


マル長とは「特定疾病療養受給者証」のことで、長期にわたって療養が必要な疾病について、医療費を助成する制度です。


A病院もB病院もマル長としているのは、珍しいケースだと思いますが、自己負担は、一薬局で1万円を上限とするというのがルールだと思います。


したがって、A病院の自己負担額が1万円に達していれば、B病院の処方分の自己負担はゼロとなります。


支払基金に確認してみてください。


[回答日 2014/7/17]

タグ:

関連記事

(質問のつづき) 嘔気が止まり最高血圧が低いため、ベッドで安静20分後、血圧がいつもの値に戻りました。その後昼食の時間がきていたのでどうしたいいものかと迷いました。嘔吐した後は絶飲食をして胃を安静にするべきなのか。昼に決められた水分量だけを飲んでもらうのが良いのかも迷いました。ご助言いただければ幸いです。 [回答] 血液透析をお受けになるご高齢の患者さんが増える中で、私たち透析医療機関のスタッフは

[回答] いただいた御質問の各項目について、回答をさせていただきます。 ●穿刺部 血液漏れがないかどうか、テープ固定が緩くないかどうかを確認し失血事故を防ぎます ●血流量 透析条件と合致しているかどうかをチェックします。 もし設定されている条件よりも少なければ、透析量(尿毒素の除去量)が少なくなってしまいます。また、血流量が多い場合、尿毒素の除去量は増えますが不均衡症候群などを誘発する可能性があり