透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q381]なぜ、動脈チャンバより静脈チャンバの方が長いのですか?


 

[回答]


●動脈チャンバと静脈チャンバ、どちらが長い?


なるほど、静脈側のチャンバの方が長い回路が多いようですね。

ですが、一般的にはご質問にもありますが、静脈側チャンバの方が長くて容量が大きくなっています。

日本臨床工学技士会が、2012年に発表した透析回路の標準化基準でも静脈側チャンバの方を大きくしていますね。


しかし、すべての回路がそうなっているわけではありません。

動脈側チャンバと静脈側チャンバが同じ形状の回路もありますし、動脈側チャンバがない回路もあります。


●静脈側のチャンバの方が長いことが多い理由として考えられること


これは、静脈側の方が、チャンバの役割がより重要だからだと思います。


静脈側チャンバはエアトラップと血栓の除去の役割を担っています。

また、静脈圧の測定のためにもチャンバは不可欠です。


現在の透析用コンソールでは、気泡検知がかなり鋭敏になっていますから、チャンバのエアトラップの重要性は以前よりもいくぶん小さくなっているかもしれませんが、それでもチャンバでエアの混入を防いでおくことは安全のために必要です。


また、フィルターによって血栓を捕まえておくことも、体内に血栓が入っていかないようにするために重要な機能です。


一方、動脈側チャンバの役割はそれほど大きくないですから、回路全体の容積(プライミングボリューム)を減らすために小さくなり、全自動透析で、動脈側からも返血をするようなコンソールではチャンバがない回路を使用するようになっています。


[回答日 2014/7/30]

タグ:

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

[回答] 創の状態を見ていないので、断定はできないことをご了承ください。主治医の先生にしっかり確認していただいてください。 原則的には、抜糸が終わっていて、傷口がきれいにふさがっていれば、自転車での移動は問題ないと考えます。 お身体に気を付けていただくことが条件になりますが、積極的にお身体を動かしていただいて良いと思います。 [回答日 2013/12/23]

(質問のつづき) これは尿道に管を入れているからですか?手術したために痛くなったのか心配です。左横腹も痛くなりました。 [回答] 尿道の管を入れたのは、手術後の安静を保つためですね。 その後、排尿時の痛みが出たのであれば、これは尿道の管のためだと考えられます。 痛みは次第に軽くなってくることが多いのですが、痛みが持続したり、かえって痛みが強くなるようでしたら、主治医の先生に相談をしてみて下さい。