透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q383]家族が長時間の透析治療を受けています。水分の抜く量が少なくて体重が増え続けても(8kg程)問題ないのでしょうか。

(質問のつづき)

先生は「水分の抜く量が少なくても血液のお掃除はしている状態です。 循環器で診てもらってくださいと言われましたが、検査結果は異常なしでした。

 

[回答]


●長時間透析について


長時間透析はとてもいい治療法です。


何といっても、尿毒素の除去に優れています。


また、同じ除水量であった場合、ゆっくりと水分を除去することができますから、短時間透析に比べて、心臓などに及ぼす負担を少なくできます。


●体重が増え続けている原因


このように「いい透析治療」をお受けになっていると、体調がよくなり、食欲がでてきて、お太りになる(水分が貯まるのではなく、肉がついてくる)ことがあります。


もしお太りになったのであれば、それに合わせてドライウェイトを上げていく必要があります。


このように考えると、ご主人のドライウェイトが以前に比べて増えていることは問題ないのかもしれません。


ただし、本当に太っているのか、水が貯まっていないのかを確認するためには、胸部のレントゲンや、心エコー(心臓の超音波検査)などの検査が必要です。


主治医の先生と相談をされて、ご意見をお聞きになるのがもっとも確実だと思われます。


●血液のお掃除の意味


「血液のお掃除」とは「尿毒素の除去」のことを指しているものと思われます。


これについては、ご主人の主治医の先生のおっしゃるとおりで、水分を除去しなくても、尿毒素は透析時間に比例して除去されます。


実際には血液検査の結果を見なければ正確なことを申し上げられませんが、オーバーナイトの透析をお受けになっているとすれば、十分に尿毒素は除去できているものと推測されます。


●ドライウェイトを下げてみるのも1つの方法


もし、息が苦しい・胸が苦しいという症状があれば、これは尿毒素の除去よりも、水分がきちんと除去できているのか、現在のご主人のドライウェイトが適切なものなのかを検討する必要があると思われます。


8kgの増量というのは、ドライウェイトの変更としてはかなり大幅ですから、水分が貯まってしまっている可能性はあると思われます。


しかし、循環器での診察は「異常なし」だったとのことです。

循環器の先生は、水分の貯まりすぎについては、必ずチェックをしてくれているはずです。

そうだとすると、ご家族の場合は、少なくとも水分の貯まりすぎはないのであろう、という推察も成り立ちます。


オーバーナイトの透析では、水分の除去が緩やかで、ドライウェイトを下げることも比較的無理なく行えますので、「お試し」ということになってしまいますが、ドライウェイトを下げてみて、体調がよくなるかどうかを検討するのは一つの方法だと思います。


[回答日 2014/8/25]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持