透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q393]担当医からは何でも看護リーダーに相談してくださいという言葉をもらっていますが、看護リーダーとの関係がギクシャクしています。たまりかねて看護室長に話してみましたが解決には至っていません。

(質問のつづき)

もう一度相談をしたいと考えますが、どの様に話せば良いか悩んでいます。 こんな状態が続くのであれば転院も考えた方が良いのでしょうか。

 

[回答]


●お感じになったことを率直にお話しして頂くのが一番


透析は長い治療ですし、週に2回あるいは3回行いますから、透析室のスタッフとの関係がうまくいかないと、大変なストレスになります。

ご苦労をされていることとお察しいたします。


私は実際に現場を拝見していませんから、断定的なことは申し上げられませんが、同じ医療従事者としては、看護リーダーさんも看護室長さんも患者様のことを一番に考えて行動していることと思います。


これまでにあったこと、それに対しご自身がお感じになったことを、そのままお話しされればよいと思います。

何ごとにせよ、率直にお話しして頂くのが一番です。


透析治療に限らず、どのような治療であっても、納得された上でお受けになることがとても大切です。


もし、現在の状態に納得できないのであれば、転院というのも選択肢の一つだとは思います。


●転院をお勧めすることを差し控えたいと考える理由


私としては積極的に転院をお勧めすることは差し控えたいと考えます。


その理由をお話します。


いただいたご質問には、主治医の先生に対するご不満はないようですので、透析治療の内容そのものには、ご満足されているのではないでしょうか。


もし、転院された場合、その透析施設で看護スタッフとうまくいくかどうかの保証はありません。

しかも、主治医となる医師との関係もうまくいくかどうかという点も確実ではありません。


だとすると、転院することによって、満足度が改善する可能性もある一方で、悪くなってしまう可能性もあるのです。


現在、透析をお受けになっている施設で、看護室長さん等と十分に相談をされながら、より快適な治療環境を目指された方がよいように思われますが、いかがでしょうか。


[回答日 2015/1/31]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ