透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q417]腹膜透析をしていて今月から透析液が2000ml増えました。バック交換が3回から4回になり、液をためてお昼に排液してます。

(質問のつづき)

透析液が増えてから尿量が減ってしまいました。今後、尿量が増えることはありますか?

 

[回答]


●バック交換の回数について


腹膜透析のバッグ交換は一日4回が標準的な治療ですので、これまで3回で行っていたということは、残存腎機能がかなりあった、と言うことだと思われます。


残存腎機能が低下すると、オシッコから排出される尿毒素(老廃物)が減ってきますから、腹膜透析での老廃物除去を多くする必要が出てきて、バッグ交換の回数を増やしたり、透析液の注入量を増やしたりすることが必要となってきます。


●尿量が減った原因について


さて、バッグ交換の回数を増やしたところ尿量が減った、ということですが、これには2つの原因が考えられます。


(1)上記のように次第に残存腎機能が低下してきて、尿毒素の蓄積とともに尿量そのものも減少してきた


(2)バッグ交換を増やしたことにより、腹膜透析での除水量が増えて、その分、尿量が減ってきた


もし、上記の(2)であれば、腹膜透析での除水量が増えているはずですがどうでしょうか?


ここで注意が必要なのは、上記の(1)が原因であっても、腹膜透析での除水量が増加しますので、厳密な原因究明の手段とはなりにくいことです。


それでも、急激に除水量が増えたのであれば、その分尿量が減ったと推定することはできます。


●尿量が増えるか


尿量が再び増えてくれるかどうかは、経過を見ないと何とも言えません。


尿毒素をたくさん除去することは、残存腎機能にいい影響を及ぼすことが知られていますから、その効果により尿量が回復してくるかも知れませんし、減少したままになってしまう可能性もあるのです。


申し訳ありませんが、これに関しては明確なお答えができませんので、主治医の先生とご相談しながら、様子を見ていただきたいと思います。


[回答日 2016/1/27]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持