透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q418]父が透析治療を受けていて2ヶ月ほど前から左足のかかとからアキレス腱にかけて激しい足の痛みがあるようです。

(質問のつづき)

病院でも原因不明で痛み止めの薬しか対処してもらえません。痛みを無くす治療や対処方法はないですか?

 

[回答]


大切なお父様が、左かかと周囲の痛みに苦しんでおられるとのことでご心配のことと拝察いたします。


踵からアキレス腱にかけての痛み、とのことですが、すでに病院で検査をお受けになっているとのことですので、骨や関節のトラブル、たとえば骨折・脱臼・捻挫などはないことが確認されているものと判断して、お答えさせていただきます。


透析治療をお受けになっている方で、足の周囲に時々見られるのは、アキレス腱炎、踵の骨膜炎、足底筋膜炎などの痛みです。

すべてに「炎」が付くことからお分かりいただけるように、「炎症」が関与しているものと考えられているのですが、他の炎症に見られるように、腫れたり熱を持ったりはしないこともしばしばあります。


これらはレントゲン写真では写りませんので、どちらかというと臨床診断、つまり、検査ではなくて症状や経過から診断されるのですが、原因はよくわかっておらず、おそらく尿毒素のせいであろう、と推定されている程度です。


お父様の症状がこれらの炎症による痛みによるものかどうかは不明なのですが、もしこれらによるものであれば2-3か月で自然に痛みが止まってくることが多く、それまでは痛み止め(鎮痛剤)で対処をしながらできるだけ尿毒素をたくさん除去できるように、透析条件を考えていきます。


まずは診断をつけることが最初なのですが、原因が不明で、診断がつかない痛みが少なくないことをお分かりいただきたいと存じます。

主治医の先生とよく相談をされて、今後の検査方針・治療方針をお決めになってください。


[回答日 2016/2/12]

タグ:

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい