透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q425]76歳男子で透析17ヶ月です。 午後6:30に終了して午後8時頃帰宅して午後9時過ぎまで、ひどく頭がボウとします(頭痛ではありません)。

(質問のつづき)

その後も頭のボウとした状態が続きます。 主治医には回診の時、訴えていますが全く改善しません。 MRIをやりましたが異常なしです。 いろんなサイトで「不均衡症候群」というものをよくみますが、グリセロール点滴はまだしていません。

 

[回答]


●考えられる原因


透析をお受けになると頭がボウとする症状が出て、透析のない日にはそのような症状がないのだとすれば、透析治療が原因である可能性がかなり高くなります。


透析で行われていることは、除水と尿毒素の除去と電解質の調節です。

このうち、電解質の調節で頭がボウとする症状はまず出ませんので、除水か尿毒素の除去のどちらかが悪さをしていると言うことになります。


●除水とドライウェイトについて


除水について考えると、ドライウェイトがきつい(下げすぎている)と、頭が痛くなる方がいらっしゃいます。

ご質問では頭痛ではないとのことですが、ドライウェイトが適切かは常に考えておく必要がありますので、体重がきつくないのかどうかの確認をお願いします。


●尿毒素の除去と不均衡症候群について


次に尿毒素の除去ですが、ご質問にあるように不均衡症候群を引き起こすことがあります。


この不均衡症候群も痛み(=頭痛)を感じられる方が多いのですが、頭がボウとする感じ、と言うのも不均衡症状の可能性はあると思います。


不均衡症候群は透析導入期(透析治療をお受けになり始めのころ)に起きることが最も多いのですが、透析治療を始められて1年半ほどですよね。

ご質問にある、頭がボウとする症状は最初のころからあったのでしょうか?


もし不均衡症候群であれば、尿毒素の除去を減らすことが有効なはずですが、それではせっかく透析をお受けになる効果を弱めてしまうことになりますので、実際に透析効率を下げるという対策が行われることはまずありません。


そこで、グリセオールを使うことになります。

グリセオールはほとんど害のない薬剤ですから、仮に不均衡症候群でなかったとしてもお試しになる価値はあると思います。


主治医の先生に相談してみて下さい。


[回答日 2016/5/25]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい