透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q426]母は72歳で透析20年になります。多発性嚢胞腎です。 腎臓は透析してまじかに塞栓術をうけました。

(質問のつづき)

数年前よりのう胞が肝臓に沢山あり1mm単位の為ドレナージが出来ないと言われた感染症をすぐおこし、入院する事が多くなりました。 今年4回目の入院中です。 透析後に不整脈を起こす事が多くなり心配です。 透析による心臓に負担が大きいせいでしょうか? そこで、透析治療を卒業するには20年の今更ですが、移植しかないと知り考えている所です。

 

[回答]


●嚢胞の感染について


嚢胞腎の方で、腎臓の嚢胞に感染を繰り返す方が時々いらっしゃいます。

そのたびに抗生剤を投与するのですが、あまり繰り返すようでしたら腎臓を摘出することもあります。


お母様の場合は、肝臓の嚢胞に感染を起こすのですね。

肝臓を摘出するわけにはいきませんから、感染を生じるたびに抗生剤による治療が行われているものと思います。


●不整脈について


さて、透析(血液透析)では、4-6時間という比較的短時間でお体の中から水分を除去し、血液中の電解質も大きく変化します。


こういったことが不整脈を誘発すると考えられていて、透析をお受けになっている方では不整脈が多いことが知られています。


多くは心配のない不整脈なのですが、中には治療を必要としたり、生命に関わるような不整脈もあります。


●移植について


透析によって誘発される不整脈であれば、「透析を卒業する=移植」をお考えになるのは自然なことだと思いますが、肝臓の嚢胞への感染を繰り返しているとのことですので、現実問題としては移植は難しいように思われます。


腎臓に限らず、臓器移植の後には免疫抑制剤を使用する必要があります。

免疫抑制剤は、バイ菌に対する抵抗力を低下させますので、移植前に感染を合併している方では、その感染が悪化することが懸念されます。


もしお母様やご家族が腎移植をお考えになっていて、具体的にドナー(腎臓の提供者)となる方の候補もいらっしゃるようでしたら、移植を担当する主治医の先生のご意見をお聞きになってみることをお勧めいたします。


[回答日 2016/6/8]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい