透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q435]肺水腫は、徐々に悪化してくるものなのですか?私は、防波堤が決壊する様に、一気に肺胞に染み出てくるというイメージを持っています。

(質問のつづき)

また、非低アルブミン血症患者が心不全を悪化させて心臓に負担がかかっている時には心胸比は大きくなりますが、低アルブミン血症患者の場合は、心胸比は大きくならないのですか?

 

[回答]


●肺水腫について


イメージとしては堤防が決壊するように、ということでよいと思います。

実際に、自覚症状としての呼吸困難や息切れは、徐々にというよりは急激に出現することが多いようです。


一方、自覚症状が出現する前を考えた時に、肺の毛細血管から水分がにじみ出してくるかどうかは、静水圧と浸透圧で決まってきます。


自覚症状はないけれど肺水腫が徐々に起こりつつある、ということもあるのです。


これは、胸部のレントゲンで肺に水分が貯留しているように見えたり、血液検査で、血液中の酸素が正常値を下回っていることなどで推測できます。


●心胸比について


心胸比が大きくなる時は、原則として心臓に何らかの負担がかかっている時です。

低アルブミン血症の方では、血管内の水分は浮腫として血管外に逃げてしまっていますから、この状態で心臓に負担がかかることはありません。


ですから、低アルブミン血症のみで心胸比が大きくなることは普通ないと思っていただいて結構です。


[回答日 2016/10/27]

タグ:

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい