透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q439]母は10年ほど前に乳がんを患い、右乳房を全摘しています。それ以来、採血や血圧測定を左腕でしていたのですが、左腕にシャントをつくった場合、左では採血などはできなくなりますよね?

(質問のつづき)

このような場合、今度採血や血圧測定などはどのようにするのでしょうか? 先生にお聞きしたところ、右腕でやればいいというお答えでしたが、それで大丈夫なのでしょうか?

 

[回答]


大切なお母様が乳癌という大きな病気を克服され、現在は腎臓を悪くされているとのこと。

さぞご心配のことと思います。


まず、右の乳癌の手術をお受けになっていることから、シャントは左で作ることを優先させたいと考えます。


手術をお受けになった方でシャントを作ると、シャントの血液の流れが腋の下あたりで滞ることがあるからです。


さて、シャントを左に作った場合の血圧測定と採血ですが、右腕が腫れていなければ(乳癌の手術のあと、腕が腫れる方がいらっしゃいます)、右腕で採血をして、血圧も右で測定するということで問題ありません。


私共のクリニックでも、乳癌の手術をお受けになった方の血圧測定は、乳癌のあった側で行っております。


透析が開始になると、採血はシャントから行いますので、右から採血をすることは基本的にはなくなります。


[回答日 2016/12/26]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ