透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q443]透析歴1年3ヶ月になる81歳の父親が、心不全の症状も落ち着き、転院しましたが、疑問点が数多くあり、看護師長に、どこまで相談してよいものか迷っています。

(質問のつづき)

先生のご意見をお聞かせいただければ幸いです。

(1)看護師さんはオムツの世話をせず、ほぼヘルパーさんに任せきり。

(2)食事の量もヘルパーさんが確認して、看護師さんは記入した用紙で確認するだけ。

(3)病室での検温と酸素量は毎日2回測定なのに、血圧測定は週に2回らしく、看護師さんに聞いてみると「血圧は透析の時に測ってますから。」との返答。ちなみに、父親は月水金の週3回の透析です。

(4)透析メインの病院なのに、痛み止めのシールを何度も貼り忘れている。

 

[回答]


大切なお父様が入院をされているとのことで、ご心配な様子がよくわかります。


不明な点や、困ったことなどがあれば、遠慮なく看護スタッフや主治医の先生にお尋ねになって構わないと思います。


(1)のオムツ交換と、(2)の食事量のチェックに関しては、看護師でなく、ヘルパーが行う病院が少なくないと思います。

看護師は、看護資格を持つ者でなければ出来ないことに、ある程度は専念して、それ以外のことはヘルパーの力を借りるような傾向になってきています。

昨今の看護師不足の状況下では、そのような流れはこれからも続くと思われます。


(3)の血圧測定が週に2回というのは、少ない感じがします。

もちろん透析で血圧を測定しますが、透析中以外の血圧がどのくらいなのかは知っておきたいと考えています。

ただし、これは私の考えですので、お父様の主治医の先生が、透析以外は週に2回の血圧測定で構わないという判断をされているのかも知れません。


(4)の痛み止め(局所麻酔)のシールの貼り忘れはいけませんね。


先にも書きましたが、看護スタッフ(看護師長)や主治医の先生に、疑問やご希望をお話しされるのが良いと考えます。


[回答日 2017/2/23]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持