透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q444]昨年秋から療養型病院に転院したのですが、徐々に手足の壊死も進み、1か月ほど前からは血圧が低くなりました(100以上あったのが現在は80-90台)

(質問のつづき)

毎日、経管栄養の度に嘔吐し、意識もはっきりしてない感じです。 嘔吐や意識低下の原因と、対策を教えて頂きたいです。

 

[回答]


●嘔吐をする原因について


嘔吐をする原因の多くは、胃腸の動きが悪くなっていることです。

胃(腸もですが)は、食べ物が入ってくると蠕動という動きをして、食べ物を腸の方に送っていきます。


この蠕動ができにくくなると、食べ物が胃の中に長時間貯まるようになったり、嘔吐をしたりします。


また、逆蠕動と呼ばれますが、本来腸の方に食べ物を送る蠕動の動きが反対に動いてしまうと、余計に嘔吐をしやすくなります。


胃の動きが悪くなるのは、「全身の状態が悪いからであろう」という漠然とした言い方になってしまいますが、長くSLEを患っていらしたとのことですから、血管の状態はかなり悪くなっていて、胃腸に行く血流が減っているものと推測されます。

さらに、血圧が低いことも血流不足を悪化させる要因となります。

現在のAPSの状態がわかりませんが、もし血流が悪くなっているところに血液のかたまり(血栓と言います)ができると、更に血流が悪くなってしまいます。


さらに、尿毒症で嘔吐をされることもあります。

この場合には、血液検査で尿毒素が貯まっているかどうかをチェックすることで判断をします。


●嘔吐の対策について


対策ですが、胃腸の蠕動をよくするお薬を使うこと、血圧を上げる対策を立てること、血流をよくする(例えば血液をサラサラにする)お薬を使うこと、透析で十分に尿毒素が除去できるように治療をすること、などが行われます。


しかし、主治医の先生も、これらの対策をすでに行っていただいているものと思われます。


それでも嘔吐をしてしまっているとすると、経管栄養を行っても十分な栄養補給になりませんし、嘔吐をした時に吐いたものが気管の方に入ると肺炎を起こしたりします。


その場合には、経管栄養を中止し、経静脈栄養(点滴のことです)に切り替えて、栄養を改善させることも行われます。


●意識低下について


意識低下についても、上に書いたことと同じようなことが生じている可能性があります。


つまり、脳への血流低下や尿毒素が貯まっていることが、お母様の状態を悪化させているのかも知れません。

対策も上記の通りです。


●栄養状態にも注意が必要


嘔吐が頻回にあるとのことですから、栄養状態が悪くなっていることが推測されます。

真っ先にできることは、十分な栄養補給(点滴などによる)ではないかと考えます。


ご覧になっていて大変お辛いと思いますが、主治医の先生とよくお話しをしながら、治療について相談をして下さい。


[回答日 2017/3/10]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持