透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q453]退院前日、本人曰くそれまで太く浮き出ていた血管が引っ込んでしまったそうです。病院で痛がっているのは父だけだそうで可哀想でなりません。

(質問のつづき)

血管が引っ込んでしまったせいなのでしょうか?血管が弱っていてシャントに耐えられないのでしょうか。

 

[回答]


●原因として考えられること


もともと血管が細い方の場合、私たちがシャントの手術をする際に苦労をすることがあります。


しかし、お父様の場合は、シャントを作った後に太く浮き出ていたとのことですから、血管が弱っているということはないと思います。


太かった血管が「引っ込んでしまう」とのことから想像できるのは、シャント血管を流れている血液の量が減ってしまったのではないか?と言うことです。


シャントは、動脈という血管と静脈という血管とをつなぎ合わせるのですが、このつなぎ目が細くなってしまうことがあります。


●シャント血管の状態の確認と治療について


現在のお父様のシャント血管の状態がどのようになっているかは、エコー(超音波検査)や造影剤を使ってのレントゲン検査で確認することができます。


もし、上に書いたようにつなぎ目が細くなっていたり、それ以外の原因でシャント血流が減っているのであれば、それに対する治療を行います。


主治医の先生と相談しながら、原因の検索と、対策を進めてみて下さい。


[回答日 2017/7/26]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持