透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q455]昨日、担当医の先生に再度左脚の痺れの事を伝えました。「血管の検査をしてみましょう。」とは言われましたが、同じ答えしか返って来ないのではと不安に思ってます。

(質問のつづき)

昨年の検査では造影剤を飲み、エコーの検査をした記憶があります。 造影剤は腎臓に悪いと思ってますが、血管専門の病院に受診してみようかと思ってますが、今の病院に対しては悪い事なのでしょうか?

 

[回答]


●造影剤とお身体への影響について


足の血管を見るエコーでは造影剤を使うことはほとんどありません。

また、造影剤を「飲む」ということはありません。


したがって、以前にお受けになった造影剤を使用した検査はエコーではなかったのではないかと推測します。


なお、造影剤が腎臓によくないことはその通りですが、すでに透析をお受けになっている方では、腎臓の機能低下を心配する必要がなくなってきていますので、MRIで使用する造影剤以外は、ほぼすべての造影剤が使用可能です。


●血管の検査について


血管の検査にはいくつが種類があります。


エコー以外では、MRI(造影はできません)やCT(造影できます)があります。


また、手と足の血圧を同時に測るABIと言う検査、足の皮膚にきちんと酸素が届いているのかをみる経皮的酸素飽和度検査などがあります。


これらの検査は、どれか一つだけで診断をつけるのではなく、いくつかの検査の結果を組み合わせて診断をつけます。


●その他の医療機関の検査を受けることについて


もし、今透析をお受けになっている病院の主治医の先生が、あまり血管の病変に関して得意でないようでしたら、血管専門の先生に診てもらうことはいいことだと思います。


また、そのことが、現在の主治医の先生に悪い、と言うことは全くありません。


[回答日 2017/8/29]

関連記事

[回答] BNPは心臓の働きを血液の検査で測ってみようとするものです。 心臓の働きが悪くなると、この検査の値が上昇します。 透析をお受けになっている方では、血液透析でも腹膜透析でも、このBNPが高めになることがわかっています。 そのため、通常の正常値ではなく、150以下を目標とするのが一般的です。 ご質問者様の65と言う値は問題ない数値です。 ただし、心臓の働きをこのBNPだけで判断することはでき

(質問のつづき) 透析施設では、心電図やレントゲンで定期的に検査しないのでしょうか。また、患者に皮膚が痒いなど合併症と思われる症状があっても対処しないのでしょうか。 [回答] ●定期的に検査をすべきである理由 私の知る範囲では、定期的にレントゲンと心電図をチェックしない透析施設はありません。 透析治療が必要なくらい腎臓が悪くなった方は、とても残念ですが、心臓や血管の合併症が生じやすいことが知られて

[回答] 造影剤はいろいろな検査で使用します。 CTスキャンの検査で造影剤を使用する場合は、ほんの少し熱い感じがするか、まったく感じないか、くらいです。 心臓のカテーテル検査では、冠動脈という血管に比較的濃度の高い造影剤が入ります。 このために胸が熱くなる方が多いです。 ただし、これも個人差が大きく、それほど熱くないという方もいれば、すごく熱かった、という方もいらっしゃいます。 いずれにしても、短