透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q464]私の穿刺ミスで腫れがありクーリングで冷やして対処しました。帰宅してから痛みがあったら冷やすよう指導しましたが、家では温めると指導したほうが良かったのか疑問になっています。


 

[回答]


穿刺ミスはゼロにはできないのが現実ですから、腫れが生じてしまった後の対処は重要です。


●指導された方法でよいと考えます


基本的には皮下血腫はいずれ吸収されますが、その場での対処は医療スタッフが行い、帰宅後については、指導されたように「冷やす」でよいと考えています。


血液が漏れて間もない段階では、血腫の増大を防ぐことと痛みを抑えることを考えたいです。


冷やすことによってシャント血管(血流が増えた静脈)が収縮することは期待しにくいですが、痛みを抑えるためには温めるよりはよいと考えています。


●痛みがなくなった場合


一方、痛みが全くなくなってしまえば、温めることで毛細血管の血流を改善させ、血腫の吸収を促進することを目指すことはよいことだと思います。


●まとめ


穿刺ミスから時間が経っていない時には冷やし、ある程度時間の経過があれば、温める、という指導でよいのではないかと考えています。


ただし、各透析室のやり方もあると思いますので、絶対的な決まり事ではないことをご承知おき下さい。


[回答日 2018/1/18]

タグ:

関連記事

(質問のつづき) 嘔気が止まり最高血圧が低いため、ベッドで安静20分後、血圧がいつもの値に戻りました。その後昼食の時間がきていたのでどうしたいいものかと迷いました。嘔吐した後は絶飲食をして胃を安静にするべきなのか。昼に決められた水分量だけを飲んでもらうのが良いのかも迷いました。ご助言いただければ幸いです。 [回答] 血液透析をお受けになるご高齢の患者さんが増える中で、私たち透析医療機関のスタッフは

[回答] いただいた御質問の各項目について、回答をさせていただきます。 ●穿刺部 血液漏れがないかどうか、テープ固定が緩くないかどうかを確認し失血事故を防ぎます ●血流量 透析条件と合致しているかどうかをチェックします。 もし設定されている条件よりも少なければ、透析量(尿毒素の除去量)が少なくなってしまいます。また、血流量が多い場合、尿毒素の除去量は増えますが不均衡症候群などを誘発する可能性があり