透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q465]透析3年の68歳の男性です。オンラインHDFに切り替えました。「いいことずくめのHDF情報」がネット上には散見されますが、体内に透析液が入る事の弊害などは本当に無いのでしょうか。

(質問のつづき)

また、オンラインHDFの弊害はありませんか。

 

[回答]


「いいことずくめのHDF情報」と言われればその通りです。

全患者さんをオンラインHDFで治療している、というクリニックも珍しくなくなってきております。

メリットの多いHDFですが、デメリットもあります。


●HDFのデメリット(1)


まずは、ご心配されているように、透析液が体に入ることです。

直接透析液が血管の中に入るのですから、透析液が汚染されていてはいけません。


透析液の清浄化といいますが、厚生労働省からHDFに使用する際の透析液の基準が出ています。

この基準を外れて、細菌などで汚染された透析液が使われると、お体には悪い影響があります。


透析液の清浄化は、各透析施設で臨床工学士が懸命に取り組んでいます。

私たちのクリニックでは、清浄化の値を患者さんに公開しております。


●HDFのデメリット(2)


もう一つ、代表的なデメリットとしては、栄養が除去されてしまうことがあげられます。


HDFは分子量の大きな(粒の大きな)尿毒素を除去することができます。


ところが、分子量の大きな物質には栄養分もあり、HDFでは通常の透析よりも栄養分(特にアミノ酸やアルブミンと呼ばれるタンパク質など)が除去されてしまうことがわかっています。


これに関しては、定期的な血液検査をチェックしながら、栄養分が不足して来た場合などには、通常の透析に治療を戻したりしています。


主治医の先生とも十分にお話しされてみてください。


[回答日 2018/1/30]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持